FC2ブログ


    私のもとへは金蹴り好きはあまり来ない。


    なぜなんだろう?(笑)




    まぁ、考えても仕方がないし、どっちでもいいか。



    とにかく、珍しく金蹴り好きちゃんがいらっしゃった。



    ようこそ(笑)





    金蹴り好きはやはりストーリープレイ好き。


    プレイとしてはシンプルだから、状況設定を作ることで盛り上がるのは確か。




    まぁ、今回はストーリーはナシで遊ぶことにしたので、この話はまた。





    で、彼の希望は『痴女的な感じ』だった。




    私は女王兼痴女であるが、実は私の中ではそんなに違いはない。

    前にもこの話はしたことがあるかもしれないが、彼にもそう説明した。



    もちろん、痴女希望と言われれば、いつもより少しはそんな感じにするのだが、何の希望がなくてもその時のテンションによってはそんな感じの場合もあるだろうし、おまかせしますな感じでも人によっては痴女寄りに思う場合もあるだろう。


    私に『痴女』がついてるのはその程度のことなのだ・・・(笑)

    あしからず(笑)



    もちろん、バリバリの痴女で!と言われれば、それはそれで受けてたつ!






    さて、今回のプレイですが。




    好きそうな金蹴りは適度に織り交ぜつつ、アナルで遊んだ。


    このコは金蹴りオンリーではないので、色々と遊べる。




    だけど、何をしようとしても身体全身に力を入れて、うぅーって感じで呻き声をあげる。


    こういう反応も楽しい。




    私が何かしようとしたら、全てに過剰反応。



    そうなると、もっと怯えさせたくなるのが心情。


    ん?世の人々は違うのかしら??





    まぁ、とにかく私はそうなので、電マを持ち出し、彼の大事なトコロを攻撃。





    二個あるんだから、一個潰しても平気だよね?
    私に一個ちょうだい。


    そんなことを言いながら、丸いコロコロしたソレに電マをあてる。




    ますます歪む顔。

    力入ってるわねー(笑)


    ふふ。
    楽しくなってきた。




    じゃあ、キミのソレを潰さない代わりに、私にキミのオナニーしてるとこ見せて。




    ちゃあんとしないと、コレがキミのソレ潰しちゃうからね?



    怯えながらの脅迫オナニー




    あ、痴女的要素を全く感じない文書になってしまった?


    その要素はそのコにしか分からない。
    ね?そうでしょう?










    お喋りしている時はとてもにこやかなキミ。
    和やかにお話できて嬉しかったです。
    終わった後に『楽しかったです』とやはり満面の笑みで答えてくれたのが、印象的。
    ストーリープレイもしてみたいですね。



    楽しいひと時をありがとう。










    女王様ランキング参加してます☆
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データベース



    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓↓↓
    椿女王様


    椿の出勤はコチラからご確認下さい!!
    関連記事


    コメント

      コメントの投稿

      (コメントの編集・削除時に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)


      トラックバック

      Trackback URL
      Trackbacks


      最新記事

      SM女王様データベース