FC2ブログ


    恥じらいのキミがまたやってきた。


    恥ずかしい、恥ずかしいと言いながら、また来てくれたのは嬉しいこと。



    迎えに出てくれたキミの顔は前回よりもさらに打ち解けてくれているよう。



    もう何も聞かないわよ?

    さぁ、こちらへいらっしゃい。




    キミは感じ過ぎて体をビクビクさせちゃうから、私は全体重を乗せてキミの動きを封じる。


    少しテンションが上がってきたところで、前回の続きの拡張タイム。



    今回もギリギリ5本。



    これについては徐々にでいいと思うし、また色々考えたい。



    さて、今日のメインにいこうか。




    キミの恥じらいは前回と同じ。


    だけどね、前回よりキミの殻を取り除いてみせる。



    少しずつ、少しずつ。



    キミは私の問いかけになかなか答えられないけど、カラダはすでに応えてる。



    私が何か言うたびに、身体をビクビクさせる。



    ほら、答えてごらん。

    やめていいの?



    なかなか答えないキミが、やっと『やめないで』と小さな声で言う。



    ふふ。
    ほら、言えたじゃない。

    やめてと言うまでしてあげる。



    だけど、本来淫乱なキミはさらにさらにとカラダを震わせ、腰を高くあげる。



    何回イってるの?

    その問いかけにさらにカラダをひくつかせる。




    結果、数えられないほどイってしまったキミ。


    気持ちイイ
    もっと


    この二つを言わせたことで、私は気分を良くしている。

    あ、恥ずかしがりながら、私のペニバンをお口でちゃんとご奉仕できたことも褒めてあげなければ。



    次回はさらに、淫乱にしてあげる。

    身体は大きくとも、キミは可愛い子ネコちゃんだ。





    キミが少しずつ、私に馴染んできてくれているのを嬉しく思います。
    プレイの後に色々お話してくれてありがとう。
    また聞かせてちょうだいね。



    楽しいひと時をありがとう。




    女王様ランキング参加してます☆
    クリックして入場して下さいね♪
    女王様データベース



    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓↓↓
    椿女王様


    椿の出勤はコチラからご確認下さい!!
    関連記事


    コメント

      コメントの投稿

      (コメントの編集・削除時に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)


      トラックバック

      Trackback URL
      Trackbacks


      最新記事

      SM女王様データベース