FC2ブログ



    めでたく私の専属となったH

    ストーリープレイを毎回持ってくるのだが、基本的には初めの入りとしての設定である。


    こんなことがあればいいなという妄想をストーリーとして書いているらしいのだが、その設定は毎回言っているかもしれないが、なかなかなものだ。


    今回はエレベーターが故障し、どうしようとおどおどしている男と乗り合わせたイライラしている女という組み合わせ。

    警備員が来るまでどうしようもないということがわかり、女のイライラはますます増すばかり。


    仕方がないので、男で遊ぶことにした。


    お前、マゾなんだろ?その顔を目を見てたらわかるんだよ(←本人希望の口調。)


    そう言われ、ますますおどおどする男だが、紛れもなくマゾであった。



    ***************************************************************


    今回もまたなかなか面白い提案してきたH


    小さな脚立に尖ったものを乗せて、簡易の三角木馬のようなものをしてみたいと。


    これはなかなか良かった。


    まずはこんな感じ。


    fc2blog_201703201718179ac.jpg

    痛みに顔がのけ反っている。

    だけど、やはりそれでは物足らない。

    ソコも出して拘束してしまうのがいいわね。


    fc2blog_20170320171840060.jpg

    ちょうど、三角の尖ったところがペニスに当たり痛いだろう。

    だけど、これもやはりそれでは物足らない。


    さらにその感覚を知らしめるために、踏んでやる。


    fc2blog_20170320171902c29.jpg



    さてここからがお楽しみだ。


    餌付けをして欲しいと言っていたので、そのままの状態でしてやることに。


    お前、これが欲しいんでしょう?


    離れたところでくちゃくちゃと食べる私。


    fc2blog_20170320171934f4c.jpg



    苦しそうにしながらも、それを興奮のまなざしで見つめるマゾ。


    餌皿にポタポタと落ちていくご馳走を、喉をならしながらじっと見つめる変態マゾ。


    fc2blog_20170320172010153.jpg


    これのたのめなら頑張れるでしょう?


    そのままここまで来れたら食べてもいいわよ。


    そう言われ、必死になんとか餌皿に近づこうとしている。


    つらそうになんとか四つん這いになる。

    動こうとするたびに、ペニスに走る痛み。


    ふふ、お前ったら必死じゃないの(笑)


    fc2blog_20170320172042358.jpg

    fc2blog_2017032017211051a.jpg



    やっとのことで、なんとか餌皿にたどり着くことができた。

    fc2blog_20170320172137dde.jpg


    後ろから

    fc2blog_20170320172204023.jpg

    横から

    fc2blog_20170320172236436.jpg

    何気にとても痛かったはずだ。


    しかし、さすがはマゾである。


    餌が欲しいあまりに、痛みに耐えるなんて(笑)



    ご褒美に用意したペニバン。


    fc2blog_201703201723082b1.jpg

    嗚咽するほど喉の奥まで入れてたっぷりと味わわせてやろう。

    私が腰を使うたび、嗚咽しているけれど、そんなのお構いなし。
    終わった後の涙を流しているお前の様子も合わせて楽しんでやる。

    気が付けば、お前へのご褒美というよりは、私の楽しみに変化しているけれど、それでもお前にとっては嬉しいはずだ。



    そして、これ。


    fc2blog_20170320172324192.jpg


    本人が持参したハーフタイプのレザーグローブ。

    これもフェチにはたまらないらしい。


    せっかくだから、お前のその情けないペニスをこのグローブをはめた私の手で持ってやろうね。



    fc2blog_201703201724003fc.jpg


    持参したものであれば、何も気にせずこうして遊べるのがいいところ。

    fc2blog_20170320172410481.jpg

    *********************************************************************

    昔からSMを楽しんでいるマゾは、最近の設備のなさを嘆くけれど、発想力さえあればこんな風に楽しむこともできるのだ。


    確かに、所謂SMルームというのは雰囲気もあっていいのだろう。

    しかし、そういったものがだんだんなくなってきた現在にSMをしている私からすれば、そういった雰囲気がなくともSMは十分できるし、そういった雰囲気がなければテンションが上がらないというのも、結局は責め手である女王の力量によってはどうってことのないものになるのではないかと思うのだ。


    もちろん、変態だからこそ、そういった雰囲気が重要な場合もあるのはわかっているけれど。


    しかし、今そこにあるものだけでも発想力でなんとかなるのだということは知って欲しいと思う。




    Hよ、毎回お前の発想力には感心するわ。
    だけど、もうSMなんかするもんか、二度と行きたくないなんて思っているなんて知らなかったわ。
    それなのに、しばらく経つとまたお前の中のマゾ心がうずうずしちゃうのだから、変態マゾは困ったものね。
    だけど、それでこそマゾというものです(笑)
    また楽しいことを一緒にしましょうね。


    楽しい一時をありがとう。


    fc2blog_20170320172423674.jpg



    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データーベース
    女王様データベース




    イメージ動画はコチラ
    フードルTV



    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL スマホ:http://fetishi-sm.com/sp/month_schedule.php?id=53




    椿専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html


    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html

    関連記事


    コメント

    1. |

      管理人のみ閲覧できます

      このコメントは管理人のみ閲覧できます

      ( 18:33 )

    2. 椿 | IpT9aHSo

      YASUDAへ

      YASUDA

      どこが参考になったのかはわからないけれど、お前はお前で色々考えてみなさい。

      もちろん、お前のことだから、変な方向に行ってしまうかもしれないけれど、それはそれで仕方がないこと(笑)

      その時はまた私が連れ戻してやろうね。

      ( 23:24 [Edit] )

    3. YASUDA | -

      椿女王様、いつもお世話になります。
      すいません、椿女王様のお言葉の内容が参考になりました。紛らわしくて申し訳御座いませんでした。気を付けます。

      ( 14:25 )

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    SM女王様データベース