FC2ブログ



    初めてのSM、それ以上に誰かに責められること自体初めてというタイプがやってきた。

    女装をしてみたいと希望したのだが、プレイの希望はマミフィケーション


    なぜ女装がしたいのか??

    ハロウィンで見て楽しそうだったから。


    なぜマミフィケーションなのか??

    写真で見て興味を持ったから。


    それだけはわかったが、他はよくわかならい状態のままプレイスタート。


    ここで。


    着衣マミーはかなりできることが限られている。


    マミーを剥いても、その下には洋服だもの。


    初めてのSM体験でまた何とも難易度の高いことを言うなぁと思ったのだが、いざプレイが始まると案外楽しいものだとわかった。


    女のような姿をさせられる。

    それだけでも恥ずかしいのに、さらにそれを脱げないように、そしてさらに不思議な見たこともないような恥ずかしい芋虫にされる。



    fc2blog_20170219000004bf7.jpg


    それを告げられるだけで、もうすでにテンションが上がってしまうマゾ。


    本当は触られたいのでしょう?

    少しづつこの芋虫状態を剥いて、触ってやろうか?


    fc2blog_20170219000039b52.jpg



    服を着たままブラの中に手を入れられるなんて、これで女の気持ちがわかるでしょう?


    fc2blog_20170219000020d94.jpg


    あら、感じてるわね?

    こんなことされて感じるなんて、お前、やっぱり変態のマゾなんでしょう?


    そんなことを延々と言われながら少しづつ少しづつ芋虫を剥いていく。


    芋虫状態というのは、拘束が大好きというタイプ以外はこちらがどれだけ相手のテンションを上げてやるかがキーとなる。


    動けず、見えもしない。

    この状況で相手のテンションを上げるには動いてアクションを起こしてやるか、もしくはずっと言葉をかけ続けるかだ。


    着衣マミーの場合、相手の想像力を上げてやるために言葉をかけ続け、それに伴うアクションを少し起こしてやるというのがいいようだ。


    何度も言うが、着衣マミーはアクション的にはできることが少ないから。


    自身でも知らなかっただけでかなり入り込みの良いタイプだったのだろう。

    この私の責めに簡単に興奮してしまった女装芋虫。


    fc2blog_20170219000058d1d.jpg



    初めてのSMで優しくして欲しいと定番になりつつあるこのお願いをしておきながら、多少のきつめの言葉責めにも結局反応してしまった。

    もちろん、言葉責めのみならず、ビンタを連打されても勃起し続けたのだからね(笑)



    ということで、完全着衣のマミーはあまりないが、なかなか楽しいものなので、これはこれでおススメといっておこう。



    その後どうしているのだろう?(笑)
    SM経験は少しは増えたのだろうか?

    またお会いできるといいわね。
    だって、楽しめるマゾになりそうなのだもの。


    楽しい一時をありがとう。


    fc2blog_20170219000110509.jpg



    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データーベース
    女王様データベース




    イメージ動画はコチラ
    フードルTV



    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL スマホ:http://fetishi-sm.com/sp/month_schedule.php?id=53




    椿専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html


    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html

    関連記事


    コメント

      コメントの投稿

      (コメントの編集・削除時に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)


      トラックバック

      Trackback URL
      Trackbacks


      最新記事

      SM女王様データベース