FC2ブログ



    ふと思う。

    ピッタリフェチは本当に難しい。


    新たなるピッタリフェチがやってきた。


    バキュームバックを希望したが、話しているうちにバキュームベッドに変更。


    ピッタリが好きならば、ベッドの方がいいだろうし、ついでにマミフィケーションもおススメする。



    ピッタリフェチはまずはピッタリしたものが着たい。


    彼が選んだものは赤い女装用のコスチューム。


    それを着込み、芋虫にされる。


    fc2blog_20161009212025a28.jpg


    匂いも好きそうなので、私のお靴を顔に装着。



    fc2blog_20161009212045622.jpg



    いつ見ても、不思議な図ね。

    顔にお靴を乗せられて、芋虫状態のマゾを私は今から弄ぶ。



    お靴の次は私の足を置いてあげる。



    fc2blog_20161009212109204.jpg

    しっかりと吸い込みなさい。



    そんなこんなで、お次はバキュームベッドよ。


    fc2blog_201610092121266cc.jpg


    これでピッタリになっちゃえばお前の欲望は満たされるのだろうか?


    fc2blog_201610092121514be.jpg


    さて。

    ピッタリフェチは難しいと冒頭に書いた。


    なぜ私が難しいと思うのか?


    それは彼ら自体が自分自身のポイントをしっかりとわかっていないからだ。


    漠然とした欲求はあるのだろう。


    こちらもそれを元に色々とリサーチはかけてみる。


    しかし、実際のプレイに入ると、なんだか違和感を感じてしまうのだ。


    お前って本当にこれが希望なの?と。


    今回のマゾの場合は今挙げた理由に加え、さらには自分自身を曝け出すことができないという問題があった。


    もちろん、私がそれをしっかりと引き出してやらねばならないのだが、つついてやってもなかなか締まり切った扉は開かない。



    そのことについてはプレイ後に本人にも伝えた。


    自分自身納得できる部分が多々あったらしく、しっかりと自分と向き合ってみるというようなことを言っていた。


    ぴったり拘束もいいだろうが、私的には縄で拘束のうえアナルプレイをするのもおすすめしておいた。
    厳しめの言葉責めも本人希望だったが、実は違うのではないかと思っている。


    ピッタリフェチ。


    私もまだまだ彼らの生態については熟知できていないようだ。

    もちろん、ピッタリフェチだからというだけでなく、彼自身の特徴をつかみきれなかったということもあるのだろうが。



    そんなこんなで、またまた反省するべき点を抱えたプレイとなりました。



    その後どうしているのだろうね?
    もう一つ問題だったのは時間がちょっと短かったという点です。
    キミのようなタイプはもう少し時間をかけた方が本当は徐々にテンションが上がって行くはずなのだけどね。
    まぁ、その点についてはなかなか厳しいかもしれないけど、うまくポイントが見つかることを祈っています。




    楽しい一時をありがとう。





    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データーベース
    女王様データベース




    イメージ動画はコチラ
    フードルTV



    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL スマホ:http://fetishi-sm.com/sp/month_schedule.php?id=53




    椿専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html


    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html

    関連記事


    コメント

      コメントの投稿

      (コメントの編集・削除時に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)


      トラックバック

      Trackback URL
      Trackbacks


      最新記事

      SM女王様データベース