FC2ブログ


    以前から大好きな系マゾ。


    かれこれ10ヶ月ほど会っていなかったら、進化してた(笑)


    以前はをかけている間は普通な感じで、がかかり、アナルを責められると完全にイってしまうタイプだったのだが、今回は違っていた。



    が肌に触れた途端、いきなりスイッチオン。


    ほぉ、、、いつの間に(というか、どこで仕込まれてきたわけ?w)



    そんな心の声と共に、これは心してをかけてゆかねばと、こちらもスイッチオン。



    fc2blog_20160807233218b0a.jpg



    しかしだね、途中で思うわけ。



    あ、首にもかけてもらっていいですか?(←普通のテンションで)


    そんな感じを出してくる。



    それってね、こちらから言うと、はぁ~(がっかり)ってなっちゃうのだ。


    よく我々のことをお仕事だからでしょ、とか、それを感じるとテンション下がるんですよね、なんてことを言うマゾがいるけれど、



    それはこちらも思うのだ。



    自分の縄でスイッチが入っていると思いきや、そういうリクエストを素のような状態の喋り方で言われると、



    なんだよ、テンション上がってるのかと思ったら演技かよ!



    そんな風に思っちゃうのだ。



    まぁ、これは私的には悔しいということもあるのだけどね。




    とまぁ、久々だったので、マゾにも色々として欲しいことがあったらしく、そうやって最中に言われたわけ。



    私はここで思う。


    絶対次回はそんな状態を作ってやってはいけないと。



    しかしね、先に言っておいてとも思う。


    どうしてもして欲しいことがあるなら、そこは伝えなければわからないのだ。


    fc2blog_20160807233247dea.jpg



    fc2blog_20160807233258873.jpg




    そんな悔しさを感じつつ、反省した私に新たなるチャンスがやってきた。



    もちろん、その時は素で『あ、○○もしてもらっていいですか?』なんて場面はナシ!



    そりゃそうでしょ。


    私が反省を生かさないわけがないのだ。



    fc2blog_2016080723332614e.jpg




    ここが私の自己顕示欲というか支配欲の強さだったりする。



    私がすることで、滅茶苦茶になっている姿を私は見たいのだ。



    それは一応(笑)プロとしてこの仕事をしている私のプライドでもあるのだろうけど。





    fc2blog_201608072333422ed.jpg



    まぁ、この時にもこのコにはこれはいらないのかも?という点を見つけたので、また次の機会があったらそれはやめようと思います。




    久々にお会いできて良かった。
    しかし、本当にいつの間にそんなことになっちゃってたの?(笑)
    まぁ、キミ達も色んな方に縄をかけられたいという想いもあるのだろうね。
    次回があったら、またその時は前回のプレイから得た私なりのキミというマゾのポイントをついていきたいと思います(笑)



    楽しい一時をありがとう。
    関連記事


    コメント

      コメントの投稿

      (コメントの編集・削除時に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)


      トラックバック

      Trackback URL
      Trackbacks


      最新記事

      SM女王様データベース