FC2ブログ


    前回ピンクだった家畜豚であるが、この時は違った。




    しかし、その次に来た時はピンクだったので、やはりこれからピンクの家畜豚というネーミングは続くはず(しばらくの間はピンク色でとおして欲しいものだw)




    さて、前回から程なくしてやってきた家畜豚であるが、家畜家畜なので、基本的には私の好きなようにする。


    まずはお浣腸


    fc2blog_20160801173545819.jpg



    しっかりたっぷり入れたつもりだが、これがなかなか頑張る(笑)

    苦しそうな顔を見てやろうと思っているのに、案外もっているようで、なかなか苦しそうにしないので、他のことをして遊ぶ。


    浣腸のことを私がすっかり忘れてしまった頃にやっと苦しいと言い出した。

    しかし、限界まで我慢していたのだろうか、思わず粗相をしてしまう豚。



    もちろん私に叱られ、拭き取れと指示されたと同時に近くにあったタオルに手を伸ばそうとした。



    お前、一体何をしてるの?

    家畜のお前が自分で汚したものをタオルで拭こうなんて、許されると思うの?


    私に怒鳴られ、慌てて自らの舌で拭き取りにかかる。




    そう、そうでなくっちゃ。


    お前は自分の立場をわかっているの?

    床に顔をへばりつけ、必死に自分の汚物を舐めとらされている間中、私に自分の立場について延々と言われるはめになった。


    惨めなものだ。


    しかし、家畜豚はマゾである。


    そして自ら望んで家畜豚になっているのだから、当然のことなのだ。


    fc2blog_20160801173612be3.jpg




    惨めな時間をたっぷりと過ごし、その後はバキュームベッドを初体験することに。


    しかし、驚いたことにベッドに入り、私がファスナーを閉めようとしたその時、


    家畜豚がボソッと言った。


    ちょっと怖いかもしれません。。。


    そう言うではないか。



    バキュームベッドに入ったとたん、急に恐怖に襲われるマゾがいるのは知っているが、私はあまりそのタイプに出くわすことがなかったため、正直驚いた。


    家畜豚よ、何が一体そんなに怖いわけ?


    どうも呼吸ができなくなるのではないかと死への恐怖があるようだ。


    ファスナーを閉めずに、私は豚に対し延々と言い続ける。


    穴が開いているから呼吸はできるのよ?

    それに私がついているじゃない、私がしたいと言うならお前はそれに従うしかないし、お前なら頑張れるはず。



    なんとか『はい』と返事をした豚。



    さて、結果はというと、


    難なく普通に遊べた。


    fc2blog_2016080117363513c.jpg


    しかも、終わった後、前回同様、家畜豚からフツーの人に戻り、



    いやぁ、今までで一番楽なプレイだったなー



    おいおい、さっきまで怖がってたくせに、終わったらそれか!


    そうツッコんでしまった私だった(笑)




    前回同様、なかなかに笑わせてくれる家畜豚。

    何が苦手かもわかったし、これからはそれをお仕置きに使えそうね?(笑)
    次回もまたピンクで来てね!


    楽しい一時をありがとう。



    fc2blog_2016080117365024a.jpg
    関連記事


    コメント

      コメントの投稿

      (コメントの編集・削除時に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)


      トラックバック

      Trackback URL
      Trackbacks


      最新記事

      SM女王様データベース