FC2ブログ



    SMクラブでのプレイの経験が全くない、もしくはほとんどないというマゾの中には、何をしたいのか自分でもよくわからないというコがいる。


    奴隷調教

    その言葉の響きに憧れている場合もあり、だからと言って、こちらがやり過ぎるとおそらくダメになってしまうはずだ。



    そんなタイプのマゾがやってきた。


    まぁよくよく聞いてみると、踏みつけには興味があるようだ。


    しかし、それ以上には自分でもよくわからないらしい。


    散々引き出してやろうと色々聞いてみたが、本当にこれ以上は出てこない。



    もうここまで来たら、あとは引っ張ってやるしかない。



    さて。

    奴隷調教希望とな。


    私は基本的に奴隷調教と言われると、たいして何もしなかったりする。


    だって奴隷調教なのでしょ?って感じだ。


    しかし、一応雰囲気は味わわせてやろう。


    お前が一体何を望んで来てしまったのか、教えてあげる。



    まずは上半身を縛り上げ、正座をさせてみる。


    正座って奴隷の基本よね?


    そして、口枷と目隠しをしてやろう。


    fc2blog_2016071023532446f.jpg





    お前は喋る必要もなければ、見る必要もない。


    私の声だけを頼りにすればいいのだ。


    太ももにヒールの感触が広がる。


    fc2blog_201607102353532ce.jpg



    お前は今足置きにされているということを実感するでしょう?


    しばらくし、立たせてみると、お前のソコはしっかりと膨らんでいる。


    それをまた指摘され、お前はますます興奮しているようだ。


    しかし、勝手に膨らまし、さらには涎まで垂らしていることを叱られ、ビンタされる羽目になる。


    顔にビンタ、そしてソコにもビンタ。



    それでもやはりお前のソコは萎えることなく、しっかりと膨らんでいるではないか。


    お仕置きとして、その穴を弄ばれることになったが、さすがにこれは辛かったようだ。


    しかし、辛くともお前は奴隷になりたいというのだから、お前の身体はお前のものではなく、私のものなのだということを知らなければいけない。



    ここで、お前が何を望んでしまったのかがわかるでしょう?


    蹴られても、痛いことをされても、それでもお前は耐え、『ありがとうございます』『申し訳ございません』その二つの言葉のどちらかを言うしかないのだよ。


    fc2blog_20160710235416e1e.jpg




    ****************************************************************



    フルバックが好きなのだと言われたが、基本的にTバックしかはかない私。
    少し考えたら、マゾに履かす用のパンツを持っていた。
    ちゃんとお洗濯しているし、ここは私が履いてやろうと(笑)

    それはそれで面白い経験でした(笑)



    fc2blog_20160710235442008.jpg




    結局、これを書いているその日にまたやってきたけれど、その分はまた改めて書こうと思います。
    少しは自分が何を求めているのか、自分が何に興奮してしまうのかがわかったのではないかな?


    楽しい一時をありがとう。








    関連記事


    コメント

      コメントの投稿

      (コメントの編集・削除時に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)


      トラックバック

      Trackback URL
      Trackbacks


      最新記事

      SM女王様データベース