FC2ブログ



    これで一年のお付き合いになる。


    毎日変態に会っている私だが、彼はその中でもやはりかなり特殊な変態だ。


    どんな変態かは割愛する。


    本人も自身がかなり特殊であることはわかっているだろうし、私がプレイブログを書かないことも了承してくれている。



    そこはさておき、彼は毎回私に衣装を持ってきてくれる。


    fc2blog_20160629231844da4.jpg




    それを着てプレイし、その他のリクエストのボンテージを着てまたプレイし、というのを4パターンくらい繰り返す。


    fc2blog_20160629231901bff.jpg




    プレイ内容はいつも一緒だ。


    そこで私は少しでも変化を持たせようと毎回何かしら考えはしているのだが、今回は調子に乗り過ぎて滑って転んでしまった。



    しかも滑って転んだせいか、肩から落ちてしまい、しばらくの間腕は痛いわ、脳震盪のように目の前が真っ白になり、どうしようと正直焦ったのだ。


    もちろん、彼に申し訳ない気持ちと、腕の痛さに明日からのプレイの不安もよぎり、これは本気でやばいかもしれないと。



    しかし、私のミスで転んだというのに、彼は



    僕がこんなお願いをするからいけないんです。



    そう言うではないか。


    しかも、その日はこのプレイで終わりにしようとしていたのを知っていたうえで、


    30分延長してもいいですか?


    と彼は聞いてきた。


    もちろんOKを出したのだが、彼は


    じゃあ30分、椿女王様はゆっくりしてくださいね


    と私を気遣い、延長を申し出てくれたようだった。




    いつも私に対する気遣いをしてくれる優しい彼だが、今回は本当に有難かった。


    そして申し訳なかった。


    それはマゾとしてではなく、やはり人としての問題であり、プロとしての問題でもある。


    彼は自身として興味のないプレイであっても私のブログは読んでくれているようだ。

    そして、DVDも観てくれたと。



    きっと彼はプレイ内容はさることながら、私という人間を好きでいてくれているのだろうなと思うのだ。


    だからこそ、遠くから私に会うためだけにわざわざ休みを利用してやってきてくれるのだろう。



    そんな彼に対して私がしてあげられることは、やはりプレイを通して彼の変態心を興奮させ、満足させてあげることだ。


    そして、こうしてブログを書くことにより、私の気持ちを知ってもらうことなのだろうと思う。



    fc2blog_201606292319283af.jpg




    今回はアクシデントもあったけれど、それもまた良い思い出になればいいなと思います(笑)
    本当にお気遣いいただいて感謝。

    そして、今回の衣装。
    とても重宝しています(笑)評判もなかなかいいわよ。

    お菓子も美味しかった!

    次回は東京になるか大阪になるかはわからないけど、またお会いしましょうね。



    楽しい一時をありがとう。



    fc2blog_201606292319427c3.jpg
    関連記事


    コメント

      コメントの投稿

      (コメントの編集・削除時に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)


      トラックバック

      Trackback URL
      Trackbacks


      最新記事

      SM女王様データベース