FC2ブログ




    拘束に興味があるが、SMクラブは初めて。


    そういったマゾに会うことはしばしば。


    そんな時、私はいつも思う。


    自分の興味や欲望を実現しようと行動した時に、私を選んでくれるというのは実に嬉しいことだ。


    だって


    初めての人


    よ?(笑)



    印象に残る初めての人になりたいと思うのは、やはり私の自己顕示欲の強さなのだろうか?


    いや、やはりプロとして女王をしている以上、そう思わなくてどうする!



    やるぞ!私!


    ギチギチにしてやるー!!!




    ということで、まずは縄からスタート。


    後手でうつ伏せ、脚は逆エビ的に曲げてみる。





    この状態でちょっと穴遊びをし、おもちゃを突っ込み、私はバキュームベッドの組み立てに取りかかる。







    マゾはたまに声を漏らし、もぞもぞしている。


    そこから動くことも、穴に入ったそれを取り除くこともできないのに、なぜもぞもぞしちゃうのだろうね?(笑)


    それがまた楽しくて、私は人を拘束したがるのかもしれない。



    組み立てが終了したので、脚縄を解いていくも、あまりにも反応がいいので、さらに穴遊びをしてみる。


    いい反応だ。


    これはあとでゆっくりと遊んでやろう。









    そして、きっと興味津々であろうバキュームベッドへ放り込む。







    ラバーがぴったりと肌に張りつく感触



    きっとそこまで動けなくなるとは思っていないであろう拘束感




    これはね、私もどんな感じかは経験したことがあるの。


    吸われていく時にある瞬間、重力がどんと身体にのしかかる感じというのかな、


    その時に、あぁもう動けないと感じるのだ。



    私が感じるのはそこまでだが、拘束好きなマゾはそれはきっとグッとくる瞬間なのだろうね。



    もちろん、そこからがお楽しみだ。


    動けない中、何をどんな風にされてしまうのか。





    足で踏まれ、椅子替わりに顔に座られ、動けない上に呼吸まで奪われる。







    苦しいのになぜか興奮してしまうことをわざわざ言われ、さらにソコを硬くしてしまうのだ。








    そんな時間を過ごしたかと思うと、お次はグルグルに巻かれて芋虫状態に。






    このまま全く動けない状態も面白いのだろうが、私にはまだしたいことがあった。





    そう、先ほど楽しかった穴遊び。









    この拘束好き変態マゾのためにも、これはしっかりとしてやらねば。



    自分が一体どういうことで興奮し、感じてしまうのかを教えてやるのが私の役割。



    まぁ、そう言いながらも、私は自分が楽しいという自己欲求を満たしたいがためにそんなことを言っているだけかもしれないけどね(笑)



    いや、しかしだよ、


    このマゾはちょっとイッたと思うのだ。


    反応を見ているとそうなのだ。



    初心者マゾだから、自分の身体に起こっていることをしっかりとはわからないだろうが、次回同じような感覚におそわれた時にはっきりと自覚するのだろうね。



    しかも、さらには寸止めを繰り返され、二段階射精(自身ではイッたと思っているが、実際にはほとんど射精はできてないので、その直後責められるとまたイってしまうというもの。)までしたのだ。




    私の大好きな拘束プレイを三点セットでしたうえに、穴遊びまでして、もう十分に楽しませていただいた。

    ところで、初めての人として印象には残ったのだろうか?(笑)

    そこが気になるところではある(笑)



    お土産ありがとう。
    とても美味しくいただきました。
    また関西に遊びにおいでね。
    その時はまたがっつり拘束して遊びましょう。



    楽しい一時をありがとう。





    関連記事


    コメント

      コメントの投稿

      (コメントの編集・削除時に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)


      トラックバック

      Trackback URL
      Trackbacks


      最新記事

      SM女王様データベース