FC2ブログ



    前回、とても楽しいストーリープレイを提案してくれたマゾ。


    今回は、、、


    もちろん、前回の続きでということで。



    前回のお話は→プライド


    同僚Sを自分の下僕のようにした椿であったが、その後はどうなっているのか?というお話が今回のストーリーだ。





    *****************************************************************



    Sめ、呼び出したのに遅いわね。
    もう何分待たせてると思ってるのよ。

    あ、来た来た。



    S、あんた遅いわよ。

    私が呼び出したらさっさと来なさいよ。




    すみません、ちょっと色々あって、、、



    は?何言ってんの?

    私の命令が最優先でしょ?

    あんた、自分の立場わかってんの?

    そう言えば、私が頼んだコピー2000部もうできた?



    い、いや、まだ、、、、です、、、



    あんた、コピーすらちゃんとできないのね。

    以前は部下とか従えちゃって偉そうにしてたけど、結局それすらできないんじゃない。




    悔しそうに下を向くS



    それより、私が言ったこと、ちゃんとしてきたの?




    椿はSに女性用の下着を履いてくるように命令したのだ。



    S本来プライドが高い男だ。

    さぞかし悔しいことだろう。


    しかし、椿の言うことを聞くしかないのだ。


    社内でもすでにもう有名だ。


    Sは椿に服従していると。


    そう、Sは椿に負けたのだ。



    履いてきた下着を椿に笑われる。






    女性用の下着を履いてこいって言ったけど、あんた、そういうのを選ぶんだ?


    そうか、あんた、本当はロリコンなんでしょ?(笑)


    そういえば、以前言い寄ってた社内の女の子も可愛らしいタイプだったもんね?


    あはは、情けない姿ね(笑)







    さらに情けない姿にされ、弄ばれることになるのだ。









    しかし、Sはもうこれからずっと椿に逆らうことはできない。


    誓約書まで書かされたのだから。








    人としてのプライドを仕事上でズタズタにされ、そしてまた男としてのプライドもズタズタにされるのだ。

















    今回も前回の続きということで、なかなかに楽しいプレイができたのではないかと思います。
    キミの演技力の高さは素晴らしい!
    こちらもおかげでノリノリです(笑)
    またノリノリでプレイしましょうね。



    楽しい一時をありがとう。
    関連記事


    コメント

      コメントの投稿

      (コメントの編集・削除時に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)


      トラックバック

      Trackback URL
      Trackbacks


      最新記事

      SM女王様データベース