FC2ブログ



    専属奴隷K

    前々からアナル拡張を試みているものの、なかなか進まないでいる。


    きちんと自身でトレーニングするようにと言いつけているのに、なかなかできないのはなぜか?



    それは、私が目の前にいれば歯を食いしばって頑張る割には、私がいなければ甘えが出て頑張ることができないのが原因だ。


    専属奴隷とは、私の前にいる時だけではなく、日々しっかりと自覚を持ち、私の調教を受ける時のことを考え生活しなければならないことをKは理解しているのだろうか?


    私の言葉は絶対であり、それは奴隷として、実社会に生きる一人の人間として、心して聞かなければならないということを私は言ってきているはずだが、それを本当にわかっているのだろうか?




    そんなKに、それをわからせるために、以前から渡している拡張用ポンプをぐりぐりとねじ込む。


    自身ではどうしても入らないと言っているが、私がねじ込むとやはり入った。


    が、かなり痛かったらしい。



    痛い思いをしなければならないのは、日々の鍛練が足りないせいである。



    誰が悪いわけでもなく、自身の至らなさだと自覚しなければならないだろう。



    そんなKに最近アナル拡張の話はしていない。




    それは自身で考えるということを望んでいるから。


    私の専属奴隷であるためには、私の言葉を考え、理解し、自ら私のために動くようにならなければならない。



    私はそれを望んでいる。


    何も考えず、ただただ私の言うことをそのままの形で受け止めるだけでは、私は満足できないのだ。



    それが人の言う『専属奴隷』というものと違うのかどうかは私にはわからない。


    しかし、私のものは私が決めるのみ。



    私が望む形が私の専属奴隷の形なのだ。



    Kよ。
    私が専属奴隷にすると宣言し、それはお前なら私についてくることができると思ったからだということを肝に銘じなさい。
    きっとお前なら理解できるはずよ。
    これから新たな気持ちで精進することを私は望む。








    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データーベース
    女王様データベース







    イメージ動画はコチラ
    フードルTV
     







    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL 携帯:http://fetishi-sm.com/m/prof.php?id=53






    専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html




    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html

    関連記事


    コメント

    1. |

      管理人のみ閲覧できます

      このコメントは管理人のみ閲覧できます

      ( 19:27 )

    2. 椿 | IpT9aHSo

      Kへ



      よし、その調子で頑張りなさい。
      で、拡張は進んでいるの?

      ( 23:25 [Edit] )

    3. |

      管理人のみ閲覧できます

      このコメントは管理人のみ閲覧できます

      ( 00:11 )

    4. |

      管理人のみ閲覧できます

      このコメントは管理人のみ閲覧できます

      ( 17:05 )

    5. 椿 | IpT9aHSo

      見習い奴隷へ

      見習い奴隷

      お久しぶり!
      お元気にしてる?

      キミのことはちょっと心配していました。

      先ほど、時間のある時に動画のチェックをしていたので、タイムリー過ぎてウケたよ(笑)

      たまにはこうやってコメントでもちょうだいね。

      ( 19:59 [Edit] )

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    SM女王様データベース