FC2ブログ



    アナル好きの中にはマゾ度が低いコがいる。


    だいたいそういうコは


    Mってわけじゃないんだけど


    なーんて言ったりする。



    それについて私は別にノープロブレム。


    アナルをされるのが好き、だけどどこに行ったらしてもらえるの?

    テクニック的にSMクラブ?


    この図式は案外あると思うのだ。



    しかも、どちらにしても責められる側。


    マゾ度が低くても、ないわけじゃないだろうし、SMクラブもまんざらではないだろうから(笑)



    それに、Mってわけではないという言葉を使うコの半数はマゾだ。


    これは私の経験に基づくもの。

    おそらくそのコ達は初めて会う女王に対して、様子見しているのだろうね。


    そんな風に言っておきながら、どこまで自分のマゾ性を引っ張り出してくれるのかを見ているのではないかな。


    ちなみに。


    そう言った態度は失礼では?

    そんな風に思うコ達もいるだろう。



    しかし、それはそれで私は問題なし。

    だって、マゾと言っても誰彼無しに自身を曝け出すことなんてできなし、したくもないだろう。

    それに、そんなマゾがプレイ後に敬意を持った態度をとってくれるのも、それはそれで楽しいものだから。







    だから、その言葉を使われたところで、私的には様子見だなと思うだけであって、



    は?何言ってるの?SMクラブに来ておいて、マゾじゃないなんておかしいでしょ



    と、そんなことを言う気はさらさらないのだ。



    もちろん、私の判断としてマゾだと思えば、そこからは必ずやマゾだと認めさせてやろうと思うけれど(笑)




    で、今回のアナラーはそんな風に始まった。




    そういう時にはだいたい明るい雰囲気で楽しくプレイを進める私。


    アナラーちゃん、なかなかにいい反応をする。


    どちらかと言うと、女の子的な感じ方。



    アナラーでありつつ、乳首もかなり感じるいやらしい身体。



    アナルイキを始めた頃、私の中でこれは方向転換だなと判断し、




    そんなにイッっちゃって、お前って淫乱メス豚じゃないの




    そう言ってみると、ますます身体を震わせ、快楽を貪り始めるではないか。








    やはり。


    お前はマゾってことね。



    そうなればしめたもの。


    どんどんイカせて、淫乱メス豚をイクイク人形にするだけ。



    そして、最終淫乱メス豚は




    女王様ぁ~!!!



    と叫んだ(笑)


    プレイ自体も楽しいし、こういった征服感はたまらないものだ。



    と言いつつ、本当にマゾ度が低いコに無理強いする気はないからご安心を(笑)



    そんなコ達にオラオラするほど私は無粋な女王ではないのでね。




    もちろん、その後時間をかけてマゾにしていくというのも好きだけれど(笑)





    こんなプレイ久々と言ってくれたキミ。
    なかなか一人の女王様と向き合うことはもうないのかもしれないけど、また気が向いたらいらっしゃいね。



    楽しい一時をありがとう。







    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データーベース
    女王様データベース







    イメージ動画はコチラ
    フードルTV
     







    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL 携帯:http://fetishi-sm.com/m/prof.php?id=53






    専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html




    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html

    関連記事


    コメント

      コメントの投稿

      (コメントの編集・削除時に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)


      トラックバック

      Trackback URL
      Trackbacks


      最新記事

      SM女王様データベース