FC2ブログ




    どんな場合でも言葉というものは、良くも悪くも影響するものだ。

    日常生活でもそうなのに、SMとなるとさらにその影響力は大きい。






    初めて会ったマゾ。



    お道具を持参し、ベッドもしっかりとシートをひき準備万端で私を待っていた。








    物腰も柔らかく、とても礼儀正しい。


    そんなマゾに私は何か言っておきたいことがあれば言いなさいね、そう伝えると、




    私は体型がこんな感じなので、デブとかブタとか言われると、現実に引き戻されて素に戻ってしまうので、言わないでいただきたい



    そう言った。




    この問題はなかなかに難しい。


    言わないで欲しいと言いながら、言われると興奮してしまう場合もあるだろうし、本当にそれがNGワードの場合もある。



    私は時としてマゾの身体的特徴を捉えて言葉責めにすることがあるのだが、その時に一番困るのは『ハゲ』だったりする。




    なんだろうね、基本的に日本人はハゲを気にし過ぎると思うのだ。



    私なんかはハゲちゃったらしょうがないじゃない、そのハゲをネタにできるくらい明るくいこうよと思うのだけど、そうではない人が多すぎるし、自分がハゲてなくても周りのハゲに気を使い過ぎる傾向にある。




    だから外人のハゲはなんともなかったりするのに、日本人のハゲは往々にして悲惨な感じがするのだ。



    そんなことから『ハゲ』はなかなか言いにくい。



    マゾでもやはり本気でNGワードなら言ってやらない方がいいのだろうと思うけれど、本当は私は言いたいのだ。




    私の前では下等な生き物に成り下がったマゾだもの。



    ハゲならハゲと呼びたくて当然ではないか。






    まぁ、話は戻るけど、今回のマゾの場合はNGワードとして扱った。


    なぜなら、割と真剣に言っていたし、私が促して初めに出てきた話だったので、これは言わない方が得策と思ったのだ。




    そして言葉責めは優しめな感じを希望したが、最終私が感じたのは、もっと厳しい感じの方が合う気がするということだった。




    本人にそれを告げると、椿女王様ならそれでもいいのかもしれませんという答えが返ってきた。



    要するに、この人にお願いしようと思ってやって来たところで、一番初めからそれを望まないタイプもいるってことで。


    それも人として当然と言えば、当然のことかもしれないね。





    そして、持参のお道具が素晴らしく、興味津々で見ていた私に、



    よろしければお持ち下さい



    そう言ってくれたので、遠慮なくいただいてきたのだった。




    いやぁ、とっても素敵なものをいただいた。



    コレ、かなり活躍しているよ。








    アナル責めはかなりいい感じだったようで、良かった。
    それに匂い責めね。
    こちらに関しては、案外素敵なものだと今回のプレイで発見したようだったので、私としても嬉しい。
    東京遠征、また来年に予定しているので、その時にでもタイミングが合うといいわね。





    楽しい一時をありがとう。











    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データーベース
    女王様データベース







    イメージ動画はコチラ
    フードルTV
     







    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL 携帯:http://fetishi-sm.com/m/prof.php?id=53






    専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html




    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html

    関連記事


    コメント

      コメントの投稿

      (コメントの編集・削除時に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)


      トラックバック

      Trackback URL
      Trackbacks


      最新記事

      SM女王様データベース