FC2ブログ




    幼児プレイだとわかっていながら、幼児セットをもっていくのを忘れた私。


    おしゃぶりとか哺乳瓶とかガラガラとか、、、



    こんな時しか使えないから使いたかっただろうな、、、と自分の至らなさに反省しながらも、忘れてしまったものは仕方がない。


    何か他のことをしてやろうと思い、ウィ○ーインゼリー的なものを買い込み、向かった。




    忘れたことを告げると一瞬曇る顔。



    そうだよねー、したかったよねー。



    心の中でごめんと何度も言いながらも、ここで暗くなっている場合ではない。



    その代わりね、他の楽しいことをしよう!



    そう言い、始まるプレイ。



    赤ちゃんはうんちが出ない。


    しょうがないからお薬入れましょうね。



    そう言いながら、四つん這いの状態でお尻をのぞき込む。


    あらあら。


    赤ちゃんなのに、そんなとこに毛が生えてるわよ?


    可愛らしくないから剃っちゃおうね。



    剃毛は初めてだったようだ。


    本当は全部してしまいたかったが、あえてアナル周りだけ。



    そしてそこにお薬と称した例のものをたっぷりと注入。






    おむつを履かせ、遊んでいるとお腹の調子が悪いのかもじもじする赤ちゃん。




    その後、咀嚼でおやつをあげたり、歯磨きをしたりとそれなりに幼児プレイ的なことをしたが、今回のメインはそこではない。




    剃毛だ。



    初めての剃毛


    しかも、何も聞かされずにいきなりされた剃毛



    どんな気分だったのかしらね?


    終わった後にちょっと興奮したと言っていたし、笑顔で帰っていったところを見ると、案外悪くなかったとは思うけれど。



    私がアナル周りしか剃毛しなかったのは、次回までにどんな妄想を作り出すのかが知りたかったから。



    そして、次回おねだりできるのかどうかもね。



    剃毛は羞恥の一種だったり、まぁ色々あるとは思うけれど、基本的に日常生活を送るうえでどうしても無理なマゾ達も大勢いる。



    だから私から剃毛を提案することや、いきなりすることはほとんどない。



    しかし、アナル周りだけなら何の問題もないだろうし、それで少しでも剃毛の良さを知れば自らお願いするってものでしょう?(笑)





    今回、私がちゃんと幼児セットを持って行っていたら、そんなことをしようとは思わなかったかもしれない。


    そう思えば、忘れ物も転じて良い結果となることもあるのだ(自己肯定w)



    それと、道具がなくともプレイは可能ということも知って欲しい。


    本当に特殊なものはなければ無理だろうけど、何かしら利用し、なんとかなっちゃうものなのよね。





    ということで、忘れ物をした私の結果的にはなんとかなったぜ!的なお話でした(笑)





    東京で知り合ったキミ。
    変わらず私の東京遠征時には問い合わせをいただいて嬉しく思っています。
    時間が合わずダメだったこともあるけれど、毎回うまくタイミングが合いますようにと私も願っているよ。
    次回はちゃんと持って行くからね(笑)



    楽しい一時をありがとう。










    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データーベース
    女王様データベース







    イメージ動画はコチラ
    フードルTV
     







    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL 携帯:http://fetishi-sm.com/m/prof.php?id=53






    専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html




    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html

    関連記事


    コメント

      コメントの投稿

      (コメントの編集・削除時に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)


      トラックバック

      Trackback URL
      Trackbacks


      最新記事

      SM女王様データベース