FC2ブログ


    痛いというから、私は指を抜く。


    それなのに、その瞬間に声を漏らしているのを私は見逃さない。



    何度も同じことを繰り返し、キミが嘘をついていることがわかった。


    嘘をつくなんていけないコね?
    どうしてそんな嘘をつくの?


    なんだかおかしくなりそうで怖いんです。




    おかしくなりそう?
    それは感じてるんでしょう?




    キミは女の子のように身体を震わせ、声を出す。


    そう、また一つ喜びを知ってしまったね。



    あまりにもぐったりしてたから、それ以上はしなかったけど、次はさらなる喜びを教えてあげようね。
    関連記事


    コメント

    1. |

      管理人のみ閲覧できます

      このコメントは管理人のみ閲覧できます

      ( 10:33 )

    2. 椿 | -

      野田さんへ

      野田さん

      はじめまして。

      キミが望むのがどれくらいのものなのかがわからないので、何ともお答えできないけど、それは試してみればわかるのではないかな(笑)

      ( 14:43 )

    3. |

      管理人のみ閲覧できます

      このコメントは管理人のみ閲覧できます

      ( 15:21 )

    4. 椿 | -

      野田さん

      野田さん

      子供の頃から大人になった今でもずっとしてますよ♪

      興味があるなら、試しにいらっしゃいね。

      ( 22:53 )

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    SM女王様データベース