FC2ブログ


    初めて会った時に聞いたこと


    それは


    いつもは責任のある立場なので、重圧を感じる時もある。
    そんな自分を叱ってくれる人はなかなかいない。
    だからこそ、叱られ、貶められたいのかもしれない。


    そんな内容だった。






    私の前に一糸纏わぬ姿で跪き、震えながら冷や汗をかきそうになっていた。



    動けないようにしっかりと縄をかけられ、鞭打たれ、マゾは泣いた。



    その時はなぜ泣いたのかはっきりとはわからなかったが、今回会った時にはっきりとした。



    感動したから、と。



    結局彼にとってはそれが救いなのだろう。



    被虐を求め、そこに興奮してしまうマゾはもちろん多いが、



    興奮とは違ったものを求めているマゾもやはりいる。



    彼はまさにそのタイプだ。



    一時であれ、何者でもない自分を相手に委ねるということ。


    辛くとも、痛くとも、そこで自身が解放されるのだろう。





    救いを求めやってくるマゾ。


    私の前では泣いてもいいのだということを知ってしまったマゾ。



    私がお前を受け止めてやろう。


    それが一時であれ、お前にとってそれは必要なことなのだから。




    ********************************




    SMにおいて、言葉は時として重要ではない。
    しかし、その逆に言葉がいかに重要なのかということも事実であり、そのことを考えさせられるプレイでした。

    また日本に来た時にはご一緒しましょう。
    きっとブログは見てくれていると思うので、二度分の写真を一緒にアップすることを許してね(笑)



    楽しいひと時をありがとう。






    リクエストがあった時は不思議だったセーラー。
    しかし、今思えばそれも理由があったのかもという気もする。




    なぜか二度目から靴下を履いているマゾ。
    情けなさの象徴のようでもある。





    蝋燭というものは、時に効果的なアイテムだと再認識した私だった。







    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データーベース
    女王様データベース







    イメージ動画はコチラ
    フードルTV
     







    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL 携帯:http://fetishi-sm.com/m/prof.php?id=53






    専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html




    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html

    関連記事


    コメント

      コメントの投稿

      (コメントの編集・削除時に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)


      トラックバック

      Trackback URL
      Trackbacks


      最新記事

      SM女王様データベース