FC2ブログ



    たとえマゾだという自覚があったとしても、そんな自分を受け入れ壊してくれる誰かがいなければ、どうすることもできない。


    この人ならと思ってみたものの、自分を壊してもらえず、結局また彷徨うばかり。



    そんな経験をしてきたマゾも多いだろう。




    私のもとへやってきた一人のマゾ。



    自分をさらけ出したい。


    そんな想いが伝わる。



    しかし、緊張と自らが希望した浣腸にやられてしまい、壊れることはできなかった。



    もちろん、導く側のこちらも手探り状態。



    繊細なマゾの全てがわかるわけがない。



    それでもマゾは諦めはしなかった。



    きっと、私という人間を好きになってくれたのだろう。


    私の考え、私の行動を彼は知り、感じ、そしてこの人について行こう、そう思ったのだろう。



    そしてマゾはまたやってきた。


    そしてまたやってきた。



    恥ずかしさが邪魔をして壊れることができずに終わってしまっている浣腸をまたして欲しいと言ってきた。




    本人も自分のことを少し理解しつつあったが、私もまた厳しさが鍵だと感じていた。



    お前に甘えはいらないの。


    そんなに辛そうな顔をしても許してはやらない。


    もっと苦しめばいい。


    私はその苦痛に歪む顔を楽しむだけ。



    私が許すまでお前は耐えるしかないのだよ。



    何度も何度も許しを請い、弱音を吐くたびに顔をひっぱたかれ、お前はひたすら耐えるしかなかった。




    排泄を見られ、さぞかし恥ずかしかったことだろう。


    しかし、お前はどうなった?



    前回までの恥ずかしさとは違う、辱めという甘美な蜜を味わってしまったのでしょう?




    その後、犯され、マゾは泣いた。



    初めての時にも、その次の時にも見なかったような顔で私を見ていた。




    後で聞くと、


    怖かったけれど、泣いてしまったのはそこではなく、解放されたことが嬉しかったと。




    私とマゾで作り上げてきた関係がやっと実を結んだということだ。



    私だからこそ与えられたもの。



    お前が私についていくと決めたからこそさらけ出すことができたもの。




    やっとスタートだ。

    これからお前はマゾとしてさらに自分を知ることだろう。






    前回同様、素敵な手拭いをありがとう。
    貴重な休みを利用してまた私のもとへ来てくれて嬉しかった。
    お酒ほどほどにするのよ(笑)
    お前の身体が心配だからね。




    楽しいひと時をありがとう。








    そんなプレイをこの白赤ナースで(笑)
    それはそれで楽しいもの。






    イメージ動画はコチラ
    フードルTV
     




    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データベース



    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL 携帯:http://fetishi-sm.com/m/prof.php?id=53






    専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html




    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html

    関連記事


    コメント

    1. |

      管理人のみ閲覧できます

      このコメントは管理人のみ閲覧できます

      ( 10:48 )

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    SM女王様データベース