FC2ブログ




    SMからしばらく遠ざかっていたらしいマゾがやってきた。


    自分を知って欲しいらしく、自分のSM歴を語る。



    今日はそれだけでも十分です。


    そう言いながら、この人だと初めて思った女王様のこと、長い間お世話になった女王様についてなどの話を聞いた。




    マゾは不思議な生き物だ。


    もうこんな目には合いたくない


    そう思うのに、時が経つとまたその方のもとへと行ってしまうんです





    私は全くわからない感覚だから。

    まぁ、だからこそSMは成り立つのだろうけど。







    お世話になった女王様に至っては、お名前は存じている超ベテラン女王様。



    前にお願いしようと思った女王様はそのベテラン女王様の名を聞いて、ちょっと怯んだらしい。




    うーん。
    それはいかがなものか?

    確かに比べられるのはちょっと嫌な気もするけれど、きっとしょっちゅう比べられてるんだもの(笑)

    彷徨えるマゾはこの方だと思うまで彷徨い続ける。


    そんなマゾに比べられているのであろうことはもちろん私だってわかっている。


    だから、今更怯むなんてありえない。


    私は私。



    私について行こうと思うなら、ついて来ればいい。
    そうじゃないなら、それまでのことだもの。



    鞭や緊縛が好きなようだったが、自己紹介的マゾ歴を聞いていたら、時間があまりなくなってしまった。



    お前の身体に、私を刻みつけてやろうね。

    今日ここで、何をしたのか忘れないように。




    鞭なんてなくとも、時間がなくともそんなの全く気にしない。


    私の足とヒールさえあれば。


    太ももに執拗に食い込むヒールの痛みに耐えながら、お前は何を思ったのだろう。


    今までの様々なことを思い出していたのだろうか?
    それとも、私に与えられる初めての苦痛をひたすら噛みしめていたのだろうか?



    確かに、ある意味しっかりと躾けられてきたのであろうことは伺える。
    だけれども、私には私のやり方があるのだ。


    さぁ、私からのアクションは起こした。

    あとはお前次第。
    自ら決めればいい。


    南京錠の鍵を持ってくるのか
    それとも、また彷徨うのか







    SMをしばらく離れていても、完全に忘れることなんてできやしない。
    それはお前も身に染みてわかっていることでしょう。
    以前の女王様の面影を引きずるのもいいけれど、前に進みたいならそれではダメよ。
    しかし、お前の話はそれはそれで興味深く聞くことができました。




    楽しい一時をありがとう。






    お茶、ありがとうね。







    イメージ動画はコチラ
    フードルTV



    WEBスナイパー様 『強制幼児プレイ』体験動画はコチラから
    S&Mスナイパー
     




    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データベース



    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL 携帯:http://fetishi-sm.com/m/prof.php?id=53






    専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html




    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html



    Twitter:https://twitter.com/tsubaki5190625
    Facebook:https://www.facebook.com/tsubaki.tanizaki

    関連記事


    コメント

      コメントの投稿

      (コメントの編集・削除時に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)


      トラックバック

      Trackback URL
      Trackbacks


      最新記事

      SM女王様データベース