FC2ブログ





    拘束好きちゃんが多くなってきたと感じる今日この頃。


    拘束好きはマミー、バキュームベッド、そして緊縛。


    たいていどれも好きだったりする。



    しかし、マミフィケーションとラバーのバキュームベッドは緊縛より身体全体余すことなく密着感があり、拘束されて動けない感はやはり強いのだろう。




    特にバキュームベッド初体験のコは興味津々だ。



    私が組み立てている間、お手伝いしながら楽しそうにお喋りをするMちゃん。


    とても愛想の良いこのコが間もなく変身を遂げる。




    ニコニコしていたのも束の間、バキュームベッドに入れられ、私に責められるとただの悲壮なマゾにあっという間に変わってしまう。



    あえて放置。








    たまに、指でちょんと触られるだけでビクっとする。




    動けないのに必死で動こうとしているのがありありとわかる。



    マゾはきっと私の声だけが頼り。


    その声に、言葉に、マゾは翻弄されていくのだ。





    バキュームベッドから出した後も、私の手は緩むことはない。



    しっかりと拘束し、また動けないようにする。



    乳首を弄ばれ、マゾは一段と悲壮な表情を浮かべる。













    ここで、マゾは告白した。


    蔑まれたい。
    もっとひどく扱って下さい。



    あれだけ、ニコニコしていたその顔の奥底に眠る変態の顔はなんとも情けないものだ。



    しかし、そう言われると、なんだかそうしたくないような気もする。



    そこで、私は少し違う方向へといく。



    鏡に自身を晒され、笑われる。



    自由になった手を使い、私を鏡越しに見ながら自慰するように命令されたのだ。



    ほら、十分情けなくなったでしょう?


    それでもお前は興奮する変態マゾだということだ。








    好奇心旺盛なキミ。
    色々なお話が聞けてとても楽しかった。
    まぁ、半分くらいは私が喋らせたのだろうけど(笑)

    またお喋りも含め、私に拘束されにいらっしゃいね。





    楽しい一時をありがとう。










    イメージ動画はコチラ
    フードルTV



    WEBスナイパー様 『強制幼児プレイ』体験動画はコチラから
    S&Mスナイパー
     




    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データベース



    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL 携帯:http://fetishi-sm.com/m/prof.php?id=53






    専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html




    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html



    Twitter:https://twitter.com/tsubaki5190625
    Facebook:https://www.facebook.com/tsubaki.tanizaki
    関連記事


    コメント

    1. |

      管理人のみ閲覧できます

      このコメントは管理人のみ閲覧できます

      ( 07:53 )

    2. 椿 | -

      mu4ちゃんへ

      mu4ちゃん

      コメント遅くなりました。
      先日の経過、見たよ。
      いい感じの色と痕になってるわね♪

      階段を何段か飛ばしたわけではなく、今それが必要だと思ったから。

      現に、しっかりと受け止めることができたでしょう?

      この結果に私はとっても満足しているのよ。


      DVD、時間のある時にチャレンジするね。
      ありがとう。

      ( 20:02 )

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    SM女王様データベース