FC2ブログ


    今日のことは二人だけの秘密。



    キミが何に反応したのか、キミがどんな声で鳴き、どんな風に私に懇願したのか。



    それは全て私の胸のうちに閉まっておこう。


    たまに記憶の鍵をそっと開け、あの秘密の時間を再び楽しもう。



    私だけの楽しみ。




    それがキミの喜びでもあるのだから。



    関連記事


    コメント

      コメントの投稿

      (コメントの編集・削除時に必要)
      (管理者にだけ表示を許可する)


      トラックバック

      Trackback URL
      Trackbacks


      最新記事

      SM女王様データベース