FC2ブログ


    fc2blog_20181014160414865.jpg

    本日もメインブログ更新です。

    今回は拘束のうえ、呼吸管理をするという内容。

    コチラをクリック
    ↓↓
    イマジネーション ~からの呼吸管理

    読んで下さいね♪


    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL スマホ:http://fetishi-sm.com/sp/month_schedule.php?id=53




    椿専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html


    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html

    fc2blog_20180427185300e26.jpg

    メインブログ更新です。

    今回は私の好きな呼吸管理についてです。

    呼吸管理、呼吸制御ブレスコントロール、言い方は色々あるけれど、結局は人の呼吸を邪魔して遊んでいるということです(笑)

    どれだけ私がこの遊びが好きか伝わるかどうかわかりませんが、とにかく好き。

    もちろん、ここで勘違いして欲しくないのは、いくら好きだからといって、誰にでもするわけではないし、やってみて違うなーと思えばすぐやめますので(笑)

    とにかく読んでくださいね。

    コチラをクリック
    ↓↓↓
    地味だけど楽しい遊び ~呼吸管理~
    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL スマホ:http://fetishi-sm.com/sp/month_schedule.php?id=53

    椿専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html
    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html




    拘束されたうえでの呼吸管理はなかなかヘビーなはずだ。


    しかし、そこにこそ、本当に逃れられない苦しさが待っている。


    マゾにとっては恐怖と興奮が相まってやってくるのだろうか?

    それとも、興奮だけなの?

    なぜそんなことに興奮するのか、私には全くわからないのだが、実際マゾは私に苦しめられもがいているのに、そこを膨らませ興奮していることは明らかなのだ。


    不思議だなぁと思い見ている私だが、実際私は私で呼吸を管理することで、マゾを支配し、興奮しているのだから、それもおかしなことなのかもしれない。


    拘束したうえで呼吸を管理するということは容易いものだ。
    相手は特に手の自由を奪われることにより、苦しさから逃れることはできない。
    私はそっと何かを被せたり、または手をちょっと添えるだけで、相手の呼吸を奪うことができるのだ。


    だんだん苦しくなり、もがきだすマゾを後は観察するのみ。

    とても地味。

    しかし、苦しくなりつつある時も、もう本当に無理だともがく姿も、どれも私を喜ばせる。


    私とマゾだけにわかるこの遊び。


    そう、遊びなのだ。

    しかし、一歩間違えるととても危険な行為であるということが、私を、そしてマゾを興奮させるのかもしれない。


    私のもとへ何度目かでやってきたこのマゾは拘束されて、そして呼吸を奪われ管理されることが大好きな典型的なマゾ。


    マミフィケーションが定番なのだが、たまにはちょっと変化があってもいい。


    呼吸を奪われる苦しさを増してやろうと、布団で包み動かないようにしてみる。
    暑さが苦しさを増してくれることを楽しみに、少しずつ呼吸を奪う。




    まずは私の手のぬくもりを感じながら、呼吸がしにくいという状態。



    すぐに完全に奪ったりはしないわよ。
    そんなのはつまらないの。

    呼吸はできる。
    しかし、いつもより深く吸い込まなければ呼吸は厳しい。
    それがいいの。


    そこへビニールを置いてみよう。
    置くだけならそんなに苦しくはないのではない?




    しかし、案外苦しんでいるようだ。

    ダメよ、そんなに簡単に苦しんじゃうなんて。


    濡れた手ぬぐいも置いてみよう。
    本当に濡れてると苦しくなるのかしら?




    じっと見ているが、意外と大丈夫そうなので、多少の苛立ちを覚えながら、さらにビニールを。




    そんな色々をしている時に、ふと気になり、包んだ布団を少しめくってみると、あぁやっぱり変態マゾだという印がそこにある。




    お前は本当に恥ずかしいわね。
    こんなことをされているのに、そんなに膨らませて。



    それならば、これはどぉ?

    ある意味、もっと恐怖を味わわせてやろう。

    手は動くのに、使えない恐怖を知りなさい。







    散々遊んだので、お前の大好きな芋虫にもしてあげる。

    頑張ったご褒美よ。





    今回もたっぷりと呼吸管理をメインにプレイできましたね。
    また機会があればいらっしゃい。
    次はまた違うタイプのものも取り入れてみましょう。



    楽しいひと時をありがとう。




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL スマホ:http://fetishi-sm.com/sp/month_schedule.php?id=53




    椿専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html


    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html




    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色

    久々にやってきたマゾ。

    彼のことは良く覚えている。


    自身の欲望に気づきつつも、実行に移すことができずじまいでいたのだが、意を決して私のもとへやってきた。

    本人の願望は顔面騎乗で呼吸管理されること。

    そして、エナメルに興味があったため、キャットスーツを希望したのだが、これがアダになった。

    キャットってファスナーがあるのだよ。

    顔騎していると、そのファスナーが顔にしっかりとあたるため、結構長時間になってくると痛いのだ。


    願望を実現するも、妄想と現実のギャップを知らされることにもなった甘くも苦い思い出だろう。


    そんなマゾが数年ぶりにやってきたのだ。


    興味の幅は広がり、今はラバーに興味があると。


    私のブログから呼吸管理の方法も色々と興味を持ったよう。


    そんなところから、まずはビニール袋での呼吸管理を選んだ私。


    ビニール袋を顔に被せる。

    これだけでは特に問題はないのだが、首もとをしっかり留めてしまうと袋にある空気だけが頼りだ。


    何度も何度も呼吸をするたびに、だんだん空気は減り、いつしかビニールが顔にぴったりとつく瞬間がある。


    私はそれまで観察しているだけなのだが、ここからが私の楽しみだ。


    張り付きだしたビニールは呼吸をするたびに、さらにしっかりと鼻と口を覆う。


    ふふ、そろそろね。

    そう思っていると、マゾは苦しくてビニールに手を持っていき、ビニールを破ることになる。


    私は何をしているのか?

    それは苦しくなれば、本来手でビニールを破れることを教えているのだ。


    それがわかったら、次は手をグルグルと巻き、指を使えないようにしてやる。

    普通はこれでだいたいビニールは破れない。

    グルグル巻きにされた手を顔に持って行くが、ビニールは全く破れず、苦しみもがく。

    それを私は見たいのに、なんと、このマゾ、結果その使えない手でビニールを破ったのだ。

    もちろん、かなり必死になっていたが。


    そうなれば、お次は手を後ろで拘束するのみ。

    これでもう手は完全に使えまい。


    必死でもがくマゾを楽しく見るのみだ。


    fc2blog_20171129183305f88.jpg



    ぐったりしたマゾをお次はバキュームベッドに放り込む。


    fc2blog_20171129183320461.jpg



    今度は身体も動けないのよ?

    ぐったりしているから、もがくのもしんどいのではないかしら?(笑)

    しかし、ラバーはぎちぎちな感じではないので、マゾをいい具合にぴったりと包み込む。


    拘束に喜びを見出すマゾ特有の心地よい拘束感を味わいながら、繰り返し行われるハンドギャグによる呼吸管理


    fc2blog_20171129183341547.jpg


    fc2blog_201711291833515ae.jpg

    しかも、ラバーのグローブでのことだから、ラバー好きには堪らないだろう。


    これでまたラバーひいては、バキュームベッドのとりこになったマゾの出来上がり。


    fc2blog_20171129183409b7f.jpg




    初めてお会いしてから何度かお問い合わせをもらいながら、やっと会えたね。
    距離的にももちろん遠いので、なかなか大変かもしれないし、私とのタイミングもあるとは思うが、またいらっしゃい。
    初めての時よりも今回、そしてまた今回よりも次回の方がお前の欲望も曝け出せるはずだから。
    ラバーを好きになってくれたのも嬉しいこと。
    次回はひょっとしたらラバーの何かを持参しているかもしれないわね?(笑)
    楽しみにしています。


    楽しい一時をありがとう。


    fc2blog_20171129183426a2c.jpg




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL スマホ:http://fetishi-sm.com/sp/month_schedule.php?id=53




    椿専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html


    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html




    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色


    拘束されて呼吸管理をされたい。

    普通に考えれば、一体コイツは何を言ってるんだ?という話なのだろう。

    しかし、変態の中にはなぜかそこに興奮してしまうという人間がいる。


    されたいということはほぼマゾ。

    そして他人事のように書きだしている私はそれをするのが好き。

    まぁ、もれなく私も変態ということだろう(笑)


    さて、そんな変態マゾがまた新たに現れた。


    本人が希望してきたのは所謂布団圧縮袋に拘束されるというものと、バキュームベッド

    どちらも拘束感はしっかりあるし、呼吸管理にはもってこいだ。



    まずは布団圧縮袋

    ちなみに、フェティシズムではオプションとして用意があるのだが、バキュームバック(クリア)というネーミング。
    カッコイイね、、、でも要するに布団圧縮袋です(笑)

    そんなものに入れられて吸われるなんて、マゾ的には被虐感があっていいでしょう?(笑)


    fc2blog_20170812182332fde.jpg


    これはもう吸ってしまうと完全に呼吸はできません。
    どこまでこの状態でいさせられるかは責め手次第。

    まぁ、一瞬にして開けれるのでご安心を。


    そして、バキュームベッドを組む間には、また軽く拘束をしてビニール袋を頭から被せる。

    手はビニールを引きちぎることができないように、しっかりグーに握らせ固定。ふふ(笑)


    少しづつ、呼吸が苦しくなり、ビニールをなんとか外そうと、使えない手を必死に動かしている様がなんとも言えず、私は好き。


    fc2blog_20170812182423121.jpg


    それを見ながら、バキュームベッドを組むなんて最高。


    たっぷりとビニール袋の中の表情を観察し、楽しんだあとにはバキュームベッドへ。


    fc2blog_201708121824508fb.jpg


    呼吸管理もいいが、他のこともしてみよう。

    動けないことをいいことに、捕らわれたマゾの股間を踏んだり蹴ったりして遊ぶ。


    fc2blog_20170812182507f9c.jpg

    玉を軽く蹴ることもできるのだ。

    怖いのだろうなぁ。見えないからいつされるのかわからないしね?それでもマゾのそこはパンパンなのだから、困ったもの。

    怖さが興奮に繋がるってどんな思考回路なのだろう?(相手も私の思考回路が理解できないだろうけどw)


    もちろん、ここでも呼吸管理。

    足で塞ぐ。


    fc2blog_20170812182529c1e.jpg



    お尻で塞ぐ。


    fc2blog_201708121825452ff.jpg



    最後はマミフィケーションで拘束。


    fc2blog_20170812182609f81.jpg

    ここでもまた玉責め(笑)


    fc2blog_20170812182652ef4.jpg



    そして食べ物を持参していたので、食べさせてやることに。

    咀嚼が一般的なように思うが、このマゾ、ヒドイことをされないとすぐにペニスが萎む。

    だから、もっと惨めでヒドイ食べ方をさせてやろう。

    まずはその食べ物を口に置いてやる。


    fc2blog_201708121827228a0.jpg




    さぁ食べろと言うものの、芋虫になったマゾは手も使えず、口に乗せられたそれをどうすることもできない。

    理不尽にも、頑張って食べなさいよと辛そうなマゾ。

    食べれないなら食べさせてやろうかと言った瞬間、ブーツでグリグリと口に入れ込まれた瞬間、マゾは何を感じたのだろう?


    fc2blog_20170812182743b62.jpg


    その後、口の周りに残った食べ物をそっと口の中に入れてやっていたのだが、それで終わるわけはない。

    全部しっかり食べなさいと言われながら、あっという間に口の中に片手を押し込まれ、さらに鼻も押さえられ、呼吸を奪われたなか、マゾは果てた。




    たっぷりと呼吸を管理し、拘束方法もバリエーションに富み、私自身も楽しいプレイだったなぁという記憶があるのだが、所要時間はなんと90分。
    まぁ、それくらいの時間でもここまで遊べるということです。
    もちろん、それぞれの時間はダイジェスト的な感じで短くはなるけれど、やり方いかんによっては十分遊べます。


    このブログ、見てくれるといいなぁ。
    またいつかお会いできた時はもう少し拘束方法を厳選して、じっくりとプレイしてみたいとも思ったり。


    楽しい一時をありがとう。


    fc2blog_20170812182757682.jpg





    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データーベース
    女王様データベース




    イメージ動画はコチラ
    フードルTV



    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL スマホ:http://fetishi-sm.com/sp/month_schedule.php?id=53




    椿専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html


    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html



    最新記事

    SM女王様データベース