FC2ブログ



    フェティシズムの女王様なら知らない人はいない。


    そう言っても過言ではないほど、新人時代に必ず一度は会うマゾ。


    まずはフィストの童貞を私のアナルで試して下さい。


    そんな感じなのだろう(笑)


    彼に何度もフィストすることによって勉強してきた女王様も少なくはない。


    そんな彼に私自身はたまーにしか会えないけれど、そのたまーにというのがまたいいのかもしれない。


    そうすれば、彼自身もこちらの成長具合を確認できるというものだ(笑)


    久々にプレイすることになったのでテンションは上がるが、そこへさらに凛女王様が参加されたので、もう三人ともテンション高く突っ走るのみ(笑)


    fc2blog_2017011423215669f.jpg



    普通のフィストもいいけれど、今日はフットファックでしょう!と私の勝手な判断で、足を突っ込んで遊びまくる。



    まぁ一口にフィストとかフットとか言っても、責め手によって大きさが違うのでそこは注意だ。


    そう言いつつも、フィストが入れば、だいたい足の甲までは入る。


    私の足も凛女王様の足も軽く飲みこみ、ずぶずぶと入れて遊ぶ。


    fc2blog_20170114232118ecc.jpg


    fc2blog_2017011423213342d.jpg


    いつもは明るいタイプのマゾだが、いざ始まると可愛らしくアンアン言うのがまたいい。



    このマゾ、アナルがどんどん大きく深く入っていくのが嬉しいのだが、かなり血を出していたことがあり心配していたけれど、今回はほとんど出ることもなく安心。

    それもね、個人差はあるけれど、やり方も重要だと思うのだ。



    フィストに慣れていない場合はもちろん、慣れている場合であっても、こちらがきちんとした対応をしなければやはり痛かったり血が出たりすることもある。


    そこはきちんとした対応をしたいものだ。



    ずっと知っているマゾとお会いすると、初心を忘れずと改めて思うのでした。



    たまに顔を見せてくれるととても嬉しい。
    いつもフェティシズムをお引き立ていただいてありがとう。
    新人女王様達のことも変わらずよろしくね。



    楽しいひと時をありがとう。




    マゾというよりはフェチマゾな印象が強い若者ちゃん。


    私のブログを読んでくれているらしく、たまたま関西に用事があったらしく、大阪に立ち寄ってくれた。


    普段から自身でアナルは拡張しているようだ。


    変態さが現れているのは全身タイツにスク水という出で立ち。


    縄も希望だったので、まずは後手。



    fc2blog_201612122049120c6.jpg


    ぴっちりしたものを好むフェチね。


    だから縄も好きなのだ。


    本人にちゃんと説明をしたうえで後手のままアナル責めをすることにする。


    胡坐に縛り上げ、まずは拡張。



    fc2blog_20161212204928150.jpg

    アナルバルーンは自身でも持っているようだが、自分でするのと誰かにされるのは大違い。


    私の膨らませ方が半端ないので、かなり声を上げる。


    だけど、私はそんなことはお構いなし。


    そのまま膨らんだバルーンをぐりぐりと動かしていく。


    拡張好きだが、広げることだけでなく、しっかりと気持ち良さをしっているタイプのようだったので、ぐりぐりが有効なのだ。


    さらには希望していたファッキングマシーンも体験しようとディルドを装着していると、


    そんな大きいのは自分で入れたことがない


    そう言うが、そこもまたお構いなし。


    あっという間にすんなり入り、本人も驚いていたようだが、結果若者フェチマゾはドライオーガズムに達したうえに失禁までしたのだ。




    fc2blog_20161212204947ff2.jpg


    たまにいるのよね、ドライと同時に力が入り過ぎているのか失禁しちゃうコ。


    私的には面白いので、特に問題なし。


    ただねー、ひとつ残念なことがある。


    私としたことが忘れているのだ。


    実際、フィストがしっかり入ったのかどうかを、、



    写真を見る限り、入っているようにも思えるが、ちゃんとしっかり入ったのだろうか、、、


    fc2blog_20161212205050d9f.jpg



    このコのことはしっかり覚えているの。
    どういういきさつで大阪に来たのか、今からどこに行くと言っていたのか、そういうことはしっかりと覚えている。


    しかしだね、フィストがちゃんと入ったのかどうかがイマイチ思い出せない。


    たぶん入っているのだろう。



    もしこのブログを見たらコメントにて教えて欲しいものだ。
    よろしくね(笑)



    楽しい一時をありがとう。



    fc2blog_20161212205102bcc.jpg





    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データーベース
    女王様データベース




    イメージ動画はコチラ
    フードルTV



    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL スマホ:http://fetishi-sm.com/sp/month_schedule.php?id=53




    椿専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html


    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html


    本人曰く、精神的マゾではないと。


    だから言葉責めもいらないそうな。

    上から言われるとイラっとするらしい。


    普段はM性感に行っているようだが、ちょっと飽きてきたと。


    理由は道具とかがあまりないしね、らしい。



    ひとまずそんなタイプがやってきたのだ。

    何をしに来たのかというと



    アナル責め


    確かにマゾではなくともアナルは好きというタイプはいる。


    私にしたらどうでもいいけどねーという感じ(笑)


    とにかく、言葉責めはいらないと。



    本人の希望はまだあった。


    完全に動けないように拘束して欲しい。


    なぜならば、自分ではいけないところまでいきたいから。


    確かにあとでわかることだが、かなり暴れるタイプ。


    自分でもわかっているようで、そこをきっちりとして欲しいようだ。



    だいたい気持ちいいことって度が過ぎてくると自分ではできないもの。


    連続射精とかもその類。



    他には目隠しと口枷必須。


    これも目隠しをすることによって、周りに変な意識がいかないようにということだろうし、口枷は喋れると色々と言ってしまうかもしれないからだ。





    さて、アナル責めである。

    フィストは今まで一回だけ経験があると言っていたが、結局ダブルフィストも余裕で飲み込んだ。


    ドライでイキまくるタイプなので、私の腕も限界を迎えそうになったのだが、よく考えたら足でしたらいいんじゃない。


    ということで、フットファックに切り替えたのだが、脚の力ってスゴイわよね?


    腕だと、アナルの力に負けそうになるのを必死で対抗しながら責めなければならないのだが、足は余裕。

    もういくらでもしてあげられるわよー!なんて言いながら、ガンガン責めてあげることができるのだ。


    fc2blog_201612042340256b2.jpg



    ちなみに、フットファックといえども、踵まですべて入るわけではない。

    出し入れするのに力加減がいい感じということ。




    途中で足と手も入れてみようとか色々しつつ、無言で見えない、そして動けない相手に散々遊び倒した私でした。



    fc2blog_2016120423404146d.jpg

    でもね、ここで思う。

    自分ではいけないところまでいってみたいという想いって、ちょっとやはりマゾっぽいわよね?

    被虐感がなければマゾではないのか?

    この答えは否。

    まぁ、人によって定義は違うのだろうから、ここではこれ以上詳しく話すのはやめておこう。



    アナル責め大好きな私にはとっても楽しい時間でした。
    また大阪に来ることがあれば寄ってちょうだいね。


    楽しい一時をありがとう。


    fc2blog_2016120423410036b.jpg


    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データーベース
    女王様データベース




    イメージ動画はコチラ
    フードルTV



    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL スマホ:http://fetishi-sm.com/sp/month_schedule.php?id=53




    椿専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html


    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html



    fc2blog_20160815211807b0a.jpg




    フィスト希望。

    しかし、まだ入ったことはない。


    そんなマゾ。


    実際試してみると、入りそうな感触がする。


    しかし、覚悟がないのだ。


    覚悟がなくとも、有無を言わさず入れてやることもできる。


    それでいいのかもしれない。


    そこは責め手の考え方次第だろうが、私はそれでいいとは思えない場合もあるのだ。


    つまり、怖いですと言うマゾを責め手側が後押ししてやる。


    自分では決められないことを決めてやるのも我々の役割だから。


    それが良いタイプと、そうではないタイプもいる。



    今回のマゾはそれを良しとは判断できないタイプだったのだ。


    そういう場合はやはり本人に覚悟ができなければ、それ以上踏み込むことはできない。



    本人にも入りそうだということは伝えたが、やはりはっきりしない。



    最後に言った。


    入ってしまいそうで入らないのが今はいいのかも。

    いつかは入れたいけど。



    要するに、入るか入らないかを楽しんでいるのだ。

    まぁ、そういう意味で言うと、私の判断は間違ってはいなかったのだろう。


    しかし、そういうタイプにこそ、いつかは私が入れてやりたい(本人の意思を無視してでも)と思う気持ちもあったりするのだけれどね。




    60分のプレイでもあれだけできるということがわかり、私自身もなかなかにためになるプレイとなりました。
    やはり、やってみなければわからないことってたくさんあるね(笑)
    またいつかお会いした時は、入るか入らないか、いや入っちゃう!くらいいけるといいな。



    楽しい一時をありがとう。



    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データーベース
    女王様データベース




    イメージ動画はコチラ
    フードルTV



    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL 携帯:http://fetishi-sm.com/m/prof.php?id=53




    椿専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html


    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html



    フィストが大好きなマゾ。


    実は我がフェティシズムに入店した女王様なら誰もが必ずは彼の穴に手を突っ込んでいるはず。


    私自身もまだまだな新人時代に洗礼を受けている(笑)


    初めての時のことはいつまでも忘れない。


    何故ならば、初めに入ったはずのフィストが後ほど入らなくなり、焦った私は必死に入れようとグリグリしたのだ。


    その結果、彼も痛い、そして数時間後私の手の甲にはうっ血した痕ができた。



    肌にうっ血した痕を見た時、私は一瞬何か変な病気になったと焦った。


    その日私がしたことを反芻し、やっとあのフィストが原因だと判明した時は思わず笑ってしまったものだ。



    そんな数年前の懐かしい話をしながら、久々のプレイ(まぁその後何回かプレイはしているが)。



    さぁ、見せてちょうだいと言うと、自身ですでに用意済。




    fc2blog_20160709204132f5e.jpg



    こういうのを見ると、変態って可愛いものだと思う。


    一人で後のことを考えながら、キューっと吸っていたのだろうね(笑)



    微笑ましく思いながらも、がっつりフィストをしていこう。



    途中でこんなことも。



    fc2blog_20160709204207039.jpg


    クスコで広げて、棒でうにうに。


    案外これで中をさすってやると、アナラーは気持ちいいらしい(笑)



    そして、このマゾはフィストだけが好きなわけではなく、乳首も大好き。


    今まであまり触ってあげてなかったなぁと思い、しっかりと遊んでやることに。



    私の脇で顔面を拘束されるのが良かったらしく、今までフィスト以外ほとんどしてなかったのがなぜだろう?(笑)と思った次第でした。



    それくらい、以前の私は色んなことができてなかったということか、、、


    反省(笑)



    こうして、何年も知っているマゾがたまーに来てくれると確認になるからいいことかもしれない。

    いや、たまにじゃなくとも嬉しいのだけどね(笑)






    最近はイベントにもあまり顔を出さないので、お会いする機会は減っているけれど、たまには私とも遊ぼうね(笑)


    楽しい一時をありがとう。



    最新記事

    SM女王様データベース