FC2ブログ




    SMクラブには実はマゾ以外も来てくれるのですが、やはりなかなか躊躇するみたいですね。

    まぁ中にはSMクラブだと認識なしで来る人もいるんだけどねー(笑)

    ちなみに、その彼はカウンセリングシートの希望を書く欄に『飲みたい』と書いたので、私は聖水?と思ったのだが、実は私相手にお酒が飲みたかっただけらしい(笑)

    次の時からはワイン持参でやってくるようになりました、、、(笑)

    まぁそんな人もいるくらいなので、マゾじゃなくても全然大丈夫ですよー♪

    ということで、

    マゾ以外もどんとこい! ~亀頭責め好き変態ちゃん来る~

    読んで下さいね♪



    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL スマホ:http://fetishi-sm.com/sp/month_schedule.php?id=53




    椿専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html


    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html



    いつもいつも私にヒーヒー言わされる芋虫マゾ。


    今回は都合二度目となる、feat.千尋女王様バージョンで。



    色おソロのボンテージ姿の私達。



    fc2blog_20160601225114a62.jpg




    その時によって女王様だったりそうでなかったりだが、今回は女王様バージョンよ?



    千尋女王様に芋虫にされていくマゾ。



    fc2blog_20160601225139dcc.jpg





    あとでわかったのだが、この時点でマゾは内心喜んでいたらしい。


    なぜならこのマゾ、


    動けないようにされると、今度はなんとかそこから抜け出し、自分が反撃したいのだ。



    そして、その時に責め側のはずの女王様が驚いたり困ったりと普通の女性のような反応をするのではないか?と妄想しているのだ。



    で。


    そんな普通の女性のように一瞬でもたじろいだりしないであろう私だけではなく、今回は千尋女王様もいる



    今回のマミーは私ではなく、千尋女王様がしているので、このくらいの緩さなら抜け出せる




    千尋女王様に反撃できるかも?!



    そんなことを考えていたらしい。



    しかし、そんな甘い期待は簡単に打ち砕かれる。



    芋虫状態のマゾを見て、緩いわよねーなどと言いながら、私がさらにぎっちりと巻いていってしまったから。



    がっかりしているのも束の間、さらに変な触覚にも思えるホースを口に咥えさせられる芋虫。



    fc2blog_20160601225208bca.jpg




    fc2blog_201606012252570ab.jpg



    ここから唾液や水を吹き込んで遊ぶ算段なのよね(笑)




    それを楽しそうになにやら芋虫に語りかける千尋女王様。



    fc2blog_201606012252401d8.jpg






    芋虫よ、この人なら許してくれそう、勝てるかもしれない、そう思っている人にいい様にされる気分はどんな感じだね?(笑)



    fc2blog_20160601225313baf.jpg



    fc2blog_20160601225323ea5.jpg






    そうして屈辱的な扱いを受け、顔だけ出され、表情を観察される。



    許して


    女の子のように可愛らしい言い方で何度も許しを請うが、そんなこと聞き入れてもらえるはずもない。



    しかし、あまりにも手を出したそうにしていたので、今回は出してやることにした。



    なんて優しいんだ、私(笑)



    動けるようになった手を千尋女王様に伸ばそうとしたその時、私にぐっと手を掴まれ、結局また縄で固定されてしまった。



    ひどい、ひどい


    泣きそうな声で私に対して言う芋虫。



    fc2blog_20160601225357ba2.jpg



    ここでまた、甘い期待は簡単に打ち砕かれたのだった(笑)



    その後は、ヒーヒー言わされながら、私達二人に散々弄ばれた芋虫でした。








    もちろん、その間ずっと千尋女王様に助けてー、助けてーと言っていたが、そんなことくらいで助けるほど千尋女王様はやわではないということを今回知ったはずだ。



    残念でした(笑)


    しかし、絶対許してくれなさそうな私と、ひょっとしたら許してくれるのではないだろうかな千尋女王様のコントラストが芋虫にとっては絶妙らしい。






    椿ちゃんがいるならダブル女王様とのプレイもしてみたい。
    キミのそんな発言が始まりだったけど、これはこれで回を重ねるごとに面白い展開になっているのではないかな?
    今度機会があったら、逆に私が後から乗り込むというのもやってみてもいいかもしれないわね?

    すきがあれば来ようとしていますよ

    そう言ってくれるキミに感謝。


    またご一緒しましょうね。



    楽しい一時をありがとう。






    最新記事

    SM女王様データベース