FC2ブログ


    手枷・首枷



    見てのとおり、首と手首をつかまえて、手で防御できないようにする枷です。


    ただね、ちょっと使ってみたところ、案外手が下がるのが困ったもの。


    使い方を考えてみようと思います(笑)


    金蹴りペニス折檻などに使えそうな感じ。



    リクエスト要。
    ご予約時にお伝え下さいね。




    前回、とても楽しいストーリープレイを提案してくれたマゾ。


    今回は、、、


    もちろん、前回の続きでということで。



    前回のお話は→プライド


    同僚Sを自分の下僕のようにした椿であったが、その後はどうなっているのか?というお話が今回のストーリーだ。





    *****************************************************************



    Sめ、呼び出したのに遅いわね。
    もう何分待たせてると思ってるのよ。

    あ、来た来た。



    S、あんた遅いわよ。

    私が呼び出したらさっさと来なさいよ。




    すみません、ちょっと色々あって、、、



    は?何言ってんの?

    私の命令が最優先でしょ?

    あんた、自分の立場わかってんの?

    そう言えば、私が頼んだコピー2000部もうできた?



    い、いや、まだ、、、、です、、、



    あんた、コピーすらちゃんとできないのね。

    以前は部下とか従えちゃって偉そうにしてたけど、結局それすらできないんじゃない。




    悔しそうに下を向くS



    それより、私が言ったこと、ちゃんとしてきたの?




    椿はSに女性用の下着を履いてくるように命令したのだ。



    S本来プライドが高い男だ。

    さぞかし悔しいことだろう。


    しかし、椿の言うことを聞くしかないのだ。


    社内でもすでにもう有名だ。


    Sは椿に服従していると。


    そう、Sは椿に負けたのだ。



    履いてきた下着を椿に笑われる。






    女性用の下着を履いてこいって言ったけど、あんた、そういうのを選ぶんだ?


    そうか、あんた、本当はロリコンなんでしょ?(笑)


    そういえば、以前言い寄ってた社内の女の子も可愛らしいタイプだったもんね?


    あはは、情けない姿ね(笑)







    さらに情けない姿にされ、弄ばれることになるのだ。









    しかし、Sはもうこれからずっと椿に逆らうことはできない。


    誓約書まで書かされたのだから。








    人としてのプライドを仕事上でズタズタにされ、そしてまた男としてのプライドもズタズタにされるのだ。

















    今回も前回の続きということで、なかなかに楽しいプレイができたのではないかと思います。
    キミの演技力の高さは素晴らしい!
    こちらもおかげでノリノリです(笑)
    またノリノリでプレイしましょうね。



    楽しい一時をありがとう。


    月に何度かは異国人マゾと会うのが最近は常。


    ブログは、、、正直書いたり書かなかったりではあるが(笑)


    今回は書きます!


    だって、とっても珍しいパターンなのだもの。



    なんと、司女王様、凛女王様、そして私というなんとも面白い組み合わせの三人でプレイすることになったから。




    待ち時間があったので、3人で写真を。





    お相手はジャカルタから来たというマゾ。


    日本語はさっぱり。


    しかし、話していることはだいたいわかる。


    ・いつもはソフトなプレイが多い
    ・今日はそれよりもハードにして欲しい→たぶん、頑張れる
    ・屈辱感を味わいたい


    そんな感じだった。

    私がほとんどお話していたので、お二人の女王様にそれを伝える。


    そしてもう一つの希望はCBT!


    素敵過ぎるじゃないの。

    三人の女王様相手にCBTとは(笑)




    ということで、せっかくなので、拘束してやろうということになり、私がまずは上半身に後手をかけていく。


    異国人マゾとのプレイ中も私は日本語だし、それは本人にもいつも伝える。

    なので、もう本当にフツーに日本語(笑)



    二人の女王様に、前に回って玉遊びをしてもらおうと思っていたのに、あまり反応がない、、、


    なぜだ??


    そう思い聞いてみると、


    物凄く不安そうな顔をしているから、可哀想な気がすると。



    甘い!
    甘いよ、お二人とも。
    優しすぎるではないか。


    ということで、後手をかけ終わった私は前に回り、その情けない不安そうな顔をビンタし、さらにその大切であろうタマを蹴り上げる。

    さらには、そのままベッドへと倒しこんでやった。



    屈辱感を味わいたいのでしょう?

    だったらそれは徹底的にしてやらねばね。



    上半身の動きが取れない中、三人の女王様にさらに動きを封じ込められ、ハンブラーでタマを捕獲されるマゾ。


    しかし、捕獲しようと思ったら、タマが一つしかない??


    司女王様が


    お前、タマ一つしかないの?と聞かれると、そうだと答える異国人マゾ。




    (司女王様、なんだかマゾと一体化して可愛いwしかし、話しているのはマゾのタマの話だがwww)



    タマ、潰されちゃったのか??(笑)



    いやいや、無くなったタマなどどうでもいい。


    マゾは今あるタマの心配をすればいいこと。



    指で弾かれ、平手で叩かれ、のたうち回りたいところだろうが、それすらも許されない。



    さらには丸見えの穴まで凛女王様に弄ばれる始末。












    最後はイキたくないと言っていたのに、強制射精までさせられ、そのうえさらにもて遊ばれる。



    この時にはすでにお二人の女王様もテンションが上がり、本気で暴れる異国人マゾを笑いながら押さえ込んでいたのは当然の話だ(笑)





    こういったプレイにご一緒することはあまりないので、とても楽しいプレイとなった。

    オラオラする感じのプレイを複数人の女王様で遊ぶのは本当に楽しい!

    私、案外そういうのが好きみたいだ(笑)



    また機会があれば、そういったプレイしたいと思うので、気合いの入ったマゾ募集(笑)





    やはりメルヘンワールドのつー様がご一緒だったので、ここはちょっとメルヘンに写真も加工だ(笑)












    椿様はロシアにいる。

    椿様はこの国家のトップにいる大物政治家である。

    この国を必ず女性が中心となる政治を目指している。

    もちろん男は最下級の動物であり、役に立たないものは迷わず消えてしまう。

    そう、椿様の権力は永遠のものである。


    (マゾの持ってきたものをそのまま書いてみた)

    *****************************************************************



    今回のストーリーの設定。

    私には白のボンテージをリクエストしてきたマゾ。


    なるほどね、白でなんとなくロシア(笑)


    しかし、いつもながらに面白い設定をするなぁと感心する私だが、設定が良くとも、実際に私とマゾがどこまでそのストーリーで楽しめるのかが問題。


    まぁ、心配はしていない。


    このマゾ、本当にストーリープレイがなんなのかを知っているから。





    *****************************************************************





    ここに付き人のHがいる。

    こいつは雑用係でさいようしたのだが、全くの役立たずである。無能な動物である。

     ある日、椿様にこのような申し立てをしてしまった。

    「冬の選挙に出馬したいのです」

    「その選挙には椿先生の公認をいただきたいのです」

    これには椿様もあきれてしまうどころか、殺意を覚えてしまいました。

    この下等人間には、公認どころか、選挙に立候補する等はありえない話だ。

    普段から、「先生」と呼ばれることもムカムカしていたのだ。

    怒りはMAXに達し、身体で痛みを教え込ませるしかないのだ。

    こいつには。




    *************************************************************************


    こんな流れで始まった。



    自分がどれだけ下等な生き物なのかを教えてやろう。

    自分がどれだけ役立たずなのか教えてやろう。

    自分がどれだけ私に生かされているだけなのか教えてやろう。

    自分がどれだけ、、、



    こいつは堕としてやらなければ、自分が何なのかわかならい。

    屈辱を味わわせてやろう。


    しっかり縛り上げ、身体の自由を奪う。

    お前の身体は私に生かされているということを感じればいい。





    頭を踏みつけられ、最下層だということを思い出した?


    お前は私の慰みもの。

    だって、何の役にも立たないのだから。


    今度のパーティーで見世物にしてやろう。

    今日はその練習よ?


    浣腸を施し、異物をその穴に放り込んでいく。





    次々と、何個も何個も入れられる度に呻き声が聞こえる。







    しばらくすると、身体が反応し、出したくて出したくて仕方がないようだ。


    そのまま放置し、出させて下さい、と懇願する情けない生き物を眺める。


    お腹を蹴ってさらに苦しむ姿を見てやるか。


    ふふ。

    辛そうね。


    だけど、それがお前なの。

    お前はそうしてやっと生きていられる最下層なのよ。


    選挙に出るなんておこがましいにもほどがある。


    お前は次のパーティーで見世物になるのが関の山なのよ。







    どうしようもなく、懇願する様を十分に楽しんだ後、異物が次から次へと出てくるところ楽しむことにした。


    これが今度のパーティーでの見世物となるのだ。







    その後、他の穴にも異物を挿入され、やっとのことで自分が何かを思い出したHであった。






    金蹴り、もう少し頑張れるようにならなければいけないわね?
    お前も本当はそれを望んでいるのだから。
    異物挿入が最近は多いけれど、また違う何かを入れたいな。
    何か良さそうなものがあれば準備していらっしゃい。
    縄からしばらく離れていたから、今回はしっかりできて良かった。
    もう少しがっつりいってもいいかもしれないけどね(笑)



    楽しい一時をありがとう。











    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データーベース
    女王様データベース







    イメージ動画はコチラ
    フードルTV
     







    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL 携帯:http://fetishi-sm.com/m/prof.php?id=53






    専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html




    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html



    椿は同僚Sのことを常々どうしてやろうかと考えていた。


    なぜって、Sは嫌な奴だから。


    同期でずっと張り合ってきたが、Sは姑息な手段を使って椿を潰そうとしている。


    そのたび、正攻法で対抗してきたが、もう我慢の限界だ。



    Sの奴、本当はたいして仕事もできないくせに、私のこと潰そうなんておこがましいにもほどがある



    そして、椿は思いついた。


    今Sが抱えている仕事はかなり大きい案件だ。


    それも椿から奪い取るようにしたものだ。



    その案件がダメになったら大変なことになるのはよくわかっている。



    S、一発で潰してあげる。

    私が本気を出したらどうなるか、思い知らせてあげるわ。





    *******************************************************




    後日、準備ができたので、Sを呼び出すことにした。



    不機嫌そうにやってきたS。



    椿、お前なんだよ、こんなとこに呼び出して


    ほらほら、ね?

    そういうとこもムカつくのよ。

    だいたい何様?




    しかし、まだだ。

    この気持ちはもう少し押さえておいてあげる。



    S、あんた、あの案件ちゃんとやってる?

    あんたには厳しいんじゃないの?




    涼しい顔をして言ってみる。


    笑うS。


    余裕じゃない。

    今から何が起こるかも知らずに。



    実はね、私、ちょっと操作したのよね。

    あとはこのメールを送れば完了。

    そしたらあんた、もう終わりよ。



    は?お前何言ってんの?

    一体何したんだよ!



    だからね、あんたを潰してあげるって言ってんの。

    このメールを送信したら、あんたは一巻の終わりってこと。

    嫌だったら、私の言うこと何でも聞きなさいよね。




    お、お前!自分が何言ってんのかわかってるのか?

    何言ってんだよ、そんなことやめろよ!



    まだ立場がわかっていないようだ。

    さすが、プライドだけは高い。



    だからね、あんたを潰してあげるって言ってるの。

    今まで散々私の邪魔ばっかりして、足ひっぱって。

    我慢してあげてきたけど、もう限界。


    ほら、どうするの?

    私がこのボタン押せば、あんたは会社首になったうえに、きっと訴えられるわよ。

    それがイヤなら、まずは脱ぎなさいよ!



    たじろぐS。


    くっそー、くっそーと言いながら、下を向いたままだ。



    早くしなさいよと何度か言うと、やっとのことで脱ぎだした。

    こちらを睨みながら。



    土下座して謝れと指示する。


    小さな声で


    すまん


    それだけ。





    自分の状況をやはりまだまだわかっていないようね。








    恥ずかしい姿を写真に撮ってやろう。







    あはは。あんた、この写真もばらまかれたら、それはそれで屈辱的ね。

    だけどね、私がされてきたことを考えたら、こんなの甘いわよ。

    よくも散々邪魔してくれたわね。

    あんたはね、本当はたいして仕事もできないくせにプライドばっかり高くて、仕事ができる私が羨ましいんでしょ?


    部長も言ってたわよ、あいつは恰好ばかりでたいしてできないってね(笑)


    邪魔しても今まではなんとかしてきたけど、もうそれも終わり。

    あんたのこと、徹底的に潰してあげる。

    それが嫌なら、せいぜい私の言うこと聞いて、しっかり謝りなさいよね。




    やっと、状況を把握したようなSは悔しくて仕方ないという顔をしながらも、金玉を蹴られ、恥ずかしい恰好をさせられ、


    やめろ、やめてくれ


    そう言っていたが、最終的にはしっかりと


    やめて下さい


    そう言い、名前も偉そうに椿と言っていたのが、椿さん、そして椿様に変わった。




    どれだけプライドの高い男でも、弱みを握られ、言うことを聞かざるを得ない状況になってしまったらこんなもの。


    これからあんたは私の言いなりになって生きていくのよ。












    ***************************************************




    CBTの楽しいプレイだった。

    この手のストーリーは大好き。

    今回はなかなか演技力の高いコだったので、さらにいい感じにできた。


    しかも。
    文字として提案されたことはあったけれど、絵コンテにして持ってきてくれたのは初めてだったので、それも良かった。










    とってもお久しぶりだったね。
    プライドを徹底的に潰していき、そしてCBT。
    男として屈辱感にまみれて興奮しちゃうところが、やはり変態(笑)



    楽しい一時をありがとう。




    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データーベース
    女王様データベース







    イメージ動画はコチラ
    フードルTV
     







    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL 携帯:http://fetishi-sm.com/m/prof.php?id=53






    専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html




    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html




    最新記事

    SM女王様データベース