FC2ブログ



    今年から奴隷見習いになったY。

    フィストができるようになることを目標に掲げ、日々頑張ってきた。

    もちろん、今ではすんなりフィストが入るようになったので、目標は達成したのだが、ここまでの道のりはなかなかに険しいものだった。


    まずは日々自身で拡張するようにアナルポンプを渡していたのだが、これがなかなかできないと言う。


    その理由についてはおおよそ検討はついていたが、あえて優しく聞いてみた。

    それは大きくてなかなか入らないのか、私がいないところではテンションが上がらないからなかなかできないのかどっちなの?と。

    なにもわかっていないYは簡単に『いやぁ、やっぱり一人だとテンションが上がらなくて~』


    それを聞いた瞬間に私はYを叱った。


    お前、何を言ってるの?
    誰がお前の楽しみのためにアナルポンプ渡したのよ?
    違うでしょう、私が少しでもしやすいように、私のために拡張しろって言ってるんでしょう。

    いきなり叱られ、Yは固まる。


    Yは奴隷がなんたるかを知らないので、こうして少しづつ調教していくしかないのだが、アナル拡張を通してYは幾分奴隷らしくなってきた。


    それは何かするたびに私に叱られてきたからであり、Yの中で確実に変化したのはやはり調教であった。


    なんとか一応拡張はしていたものの、まだフィストは入らないという時期が続いた時、Yは泣いた。


    なぜ泣いているのかと聞くと、『こんなに頑張っているのに、、、』と言うではないか。


    このことにキレた私は


    お前が頑張っているんじゃない!
    私が頑張っているのよ!
    アナルの緩め方もわからないお前のキツイアナルに必死で手を入れているのは私なの!

    お前のその涙がね、たいした涙でないことを教えてやるわよ。

    そう言い、オモチャでペニスを刺激してやると簡単に射精したため、さらに私は追い打ちをかける。


    本当に悲しい時にそんなことされても射精なんかしないわよ、と。


    しかし、それではまだ終わらなかった。


    気合いを入れるために、ベッドの上に立たせ、を振る。

    膝をつくなんてもってのほか、膝を曲げることも許さない。


    必死で打たれるたびにありがとうございますとYは言い、耐え抜いた。


    しかし、それが良かったのか、次回会った時にYの顔つきは変わっていた。


    それを聞くと、私がを振るっていた時の顔を思い出すと頑張れたと。

    余程怖かったのだろう(笑)

    しかし、その分頑張れるようになり、きっと自分の中でも何かが変わったのだ。


    それがの効用。

    奴隷になりたいマゾに対する、調教だ。



    そう言えば、その前後でこんなこともあった。

    なんだかイマイチ本気に頑張れていないYに対し私は言ったのだ。


    お前そんなに頑張れないなら奴隷になんてならなくていいわよ。
    ただのM男に戻りなさいよ。
    そうすれば私もここまで厳しく叱ったりする必要はないのだから。
    女王様遊んでくださいくらいでいいんじゃないの?私もそれなら、よしよし遊んでやろうねくらいでしてあげるから。


    Yはそう言われ、真剣な顔で必死に奴隷にしてくださいと言ったのは言うまでもない。
    確か、この時もを使ったのではないだろうか。




    しかし、YはYで自ら考え行動できていることもある。

    私に叱られると、この世の終わりと言わんばかりに顔をこわばらせていたのだが、私にそれを注意されると、翌週には自分には最近笑顔が足りませんでしたと反省をしていたのだ。


    ただただ私についてくればいい。
    しかし、その時期が過ぎれば、いくらかは私のためにどうすればいいのか、それを考えるべきなのだ。
    間違っていれば正されるだけ。



    フィストできるようになって本当に良かったわね。
    お前も毎日拡張を頑張ってきた甲斐があったでしょう?
    お前の頭の中はちゃんと奴隷らしくなってきているから、調子に乗ることなく、このまま私についてらっしゃい。


    fc2blog_20170610213123ac9.jpg


    fc2blog_20170610213109312.jpg
    これは毎回の定番風景。
    まずは自分で拡張タイム。

    fc2blog_2017061021313595c.jpg


    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データーベース
    女王様データベース




    イメージ動画はコチラ
    フードルTV



    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL スマホ:http://fetishi-sm.com/sp/month_schedule.php?id=53




    椿専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html


    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html



    足フェチマゾが私のもとへ初めてやってきたのは10月末だった。


    ほとんど経験のないマゾだったが、一度だけしたことのあるプレイの内容を聞くと縄が良かったと。


    そーか、そーかと言いながら、軽く縄で拘束してやり、靴の匂いを嗅がせてやったりしながら遊んだのだった。


    fc2blog_20170220191914191.jpg


    fc2blog_20170220191925f81.jpg



    ニコニコしながら帰っていったのが印象的だった。


    一か月後、またそのニコニコした顔を見ることになる。


    今日は何がしたい?と聞くと、前回された尿道が良かったと言うので、ひとまず尿道を。


    fc2blog_20170220191945f38.jpg


    優しい(笑)私はもちろん、その間も足の匂いを嗅いでいいわよと言ったはずだ。



    その次にやってきた時はアナルを試してみた。



    fc2blog_201702201921290a1.jpg

    どうもこのマゾ、何をしても嬉しいらしい。


    しかし、緊張と興奮の狭間で私が何かをすると、


    椿様、椿様、あぁ椿様ぁ~と私の名を連呼する。


    興奮すると相手の名を呼びたがる女のようだ(笑)


    靴を落とさないように頑張れと私のヒールを両足分乗せて責めたこともある。


    fc2blog_201702201921431ba.jpg


    fc2blog_20170220192157b4e.jpg


    いつの間にか、尿道には小指が入るようになった。


    fc2blog_201702201922115ad.jpg


    頻繁に顔を見るようになった頃、マゾは言った。


    また来ちゃいました。もう虜です。


    それに対して私は


    椿病だね(笑)


    と答えたのだが、その頃にふと思ったのだ。


    こういうマゾはしっかりと調教してやったほうが本人のためかもしれないと。


    ただのマゾとして遊んでやるよりは、きちっと奴隷になれるように調教してやろう。


    そう決めた私は本人にそれを伝え、年が明けた今年の頭からきっちりとご挨拶からできるように調教を始めたのだ。


    私が決めた方向はあながち間違いではないのだろう。

    そう決めてから、マゾはさらに私のもとへやってきているのだからね。


    fc2blog_201702201922385ae.jpg

    fc2blog_20170220192248d50.jpg

    fc2blog_20170220192259312.jpg

    椿様の奴隷として頑張っていきます


    そういうマゾだが、私はまだ奴隷にしてやったつもりはない。


    奴隷になれるよう頑張りなさいと言っただけだ(本人にもそう伝えた)


    なぜなら、私は簡単に奴隷にしてやろうと言うつもりはないから。



    それでもマゾは今のところ頑張ってきている。


    今月になってからさらに頑張っているマゾであるが、今月から先はまたの機会に書こう。




    いつもタバコとお菓子の差し入れありがとう。
    昨日もお話したけれど、確かにお前は気遣いができているようでイマイチ見えてないものがあるタイプだろうなと私も思う(笑)
    だけどね、それはそれで一つづつそれは違うわよ、それは良くできましたと教えていってやるから安心しなさい。
    拡張の目標もできたことだし、お前はお前で日々の努力をしてみなさいね。


    楽しい一時をありがとう。



    fc2blog_20170220192417ba0.jpg


    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データーベース
    女王様データベース




    イメージ動画はコチラ
    フードルTV



    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL スマホ:http://fetishi-sm.com/sp/month_schedule.php?id=53




    椿専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html


    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html



    fc2blog_201611132046122a0.jpg





    SMの経験は2,3回


    どんな感じがいいのかと聞くと、奴隷調教だと言う。


    詳しく聞いてみると、M性感で2,3回経験があると判明。


    うーん、SMクラブならまだしも、M性感か、、、


    いや、M性感でもがっつりSMしている方はいるというのはたまに聞くことではあるが、奴隷調教って、、、


    そこに疑問を持ちつつも、本人にしっかり確認したので、じゃあそんな感じでやってあげようかと。



    さて


    奴隷調教であるが、これに対してはみなはどんなイメージを持っているのだろう?


    私としては奴隷になりたいというのであれば、私の言うことは絶対であるし、奴隷の希望なんてありえないのだ。



    どれだけ辛くとも、主の言うことは絶対なのだから、楽しくなくともそれは仕方のないこと。

    いや、主からの命令が幸せなのだから、そこに喜びを感じるようにならなければならないのが本当のところ。





    マゾです、おもちゃにして下さい

    椿様に楽しんでいただけるように頑張ります




    こういったことを言うマゾはただの変態マゾとして扱うのだが、




    奴隷調教をお願いします

    奴隷になりたいです



    こう言われると私は必ず


    お前、分かって言ってるの?

    そう確認してしまうのだ。


    私って固いのだろうか?


    はいはい、奴隷ねと言っておけばいいのだろうか?


    しかしこれは私の性分なので、どうしようもない。


    だから私のもとへ通うマゾのことも簡単には奴隷とは言わないのだ。


    私の奴隷ちゃんが~


    これもよく耳にするワードだが、それ本当に奴隷?と聞きたい。

    ただの自分になついているマゾじゃあないの?と。




    まぁ、そういうわけでそんなスタンスの私が、初心者相手に奴隷調教をすることになったわけです。


    と言っても本気ではしない(笑)

    だってきっとこのマゾはわかってないから。
    本気でしたら大変なことになるのは目に見えている。


    しかし、奴隷調教というものがどんなことなのか、それだけはわからせてあげないとね。


    結果、行為的にはたいしたことはしてはないが、この初心者マゾは精神的にぐったりし、おそらくある意味後悔したのだろう。


    お前みたいなコはね、私をおもちゃにしてくださいとか遊んでくださいとか言ったほうがいいわよ。

    そうしたら、よぉーし、言ったわね、覚悟しなさいなんて言われながらも楽しく遊んでもらえると思うわよ。


    私がそういうと、本当そうですね、今までのSMと全く違いました、そう言ったのでした。


    どうみても快楽系のアナル責めとかをされて、ひぃひぃ言うタイプだと思うのだ。

    その後どうなったのだろう?
    私のもとへは怖過ぎてもう来ないかもしれないな。
    もっと優しくしてあげるべきだったのかもしれないが、わからせてあげることも我々女王の役割だから。


    しかし、次にそういうタイプが現れたら、にっこりしながらじわじわと徐々に教えてあげよう。

    いや、違う。
    私はそうしてきた。



    今回はなんだかこのコにはちゃんと教えるべきだと思ったからだったのだけどね。



    キミがSMって楽しい、そう思ってくれるといいなと思っている割にはやり過ぎたかもしれない。
    その点については、私はちょっと大人げなかったのかも。
    しかし、やってしまったことはどうにもならないので、そのあとSMから遠ざかっていないことを祈ります(笑)



    楽しいひと時をありがとう。








    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL スマホ:http://fetishi-sm.com/sp/month_schedule.php?id=53




    椿専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html


    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html



    知り合ってからは数年経つのだろう。


    時が経つのは早いものだ。


    昔は思う存分SMを楽しんでいたマゾも、自身を取り巻く環境が様変わりし、今では時々私のもとへやってくるくらいになってしまった。


    しかし、昔のことを懐かしく思い、あの頃のようにもっと耐えられるようになりたいと切実に願っている。



    そんな自分を私に託し、なんとか頑張ってはきたが、なかなか自身が思うほど耐えることができないのが現実というもの。



    そこへ今回は綺羅様が参加してくださった。


    マゾとの会話を軽く楽しみながら、少しづつ相手を引き上げていく技量に私はまだまだだと正直思ってしまった。



    fc2blog_20161103233326492.jpg



    だからこのマゾのこともなかなか引き上げてやれないままなのかもしれないと。




    しかし、私は私である。



    今までやってきたことで、このマゾはついてきているのだからそれで良いのだ。


    そしてさらに今後しっかりと引き上げてやればそれで問題ない。


    今後は私のマゾ奴隷としてだけではなく、綺羅様のマゾ奴隷としてもしっかりとやっていく覚悟のようなので、どうなっていくのかが楽しみでもある。



    先日ブログにコメントがあったわね。
    綺羅様と私のタイミング、そしてお前のタイミングが合うことを祈るしかない(笑)
    タイミングが合った時はしっかりと覚悟を決めていらっしゃいね。



    楽しい一時をありがとう。


    fc2blog_201611032333462de.jpg


    fc2blog_201611032333588a9.jpg





    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データーベース
    女王様データベース




    イメージ動画はコチラ
    フードルTV



    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL スマホ:http://fetishi-sm.com/sp/month_schedule.php?id=53




    椿専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html


    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html



    プライベートで色々あり、しばらく顔を見ていなかったマゾ。


    やっと私のもとへ現れたが、やはり元気はあまりなさそう。


    しかし、マゾ曰く、私の顔を見れば少しは元気が出るかと思ってと。


    うんうん、お前も前向きに生きていかなければね。


    しばらく会話をし、そこからのプレイ。



    ベッドの上に正座の形に縄で固定。




    久しぶりのだとは思うが、今日はいつも以上に頑張らせる気まんまんの私。



    ベッドの上ではバランスが取りにくい。


    の痛みで何度も倒れそうになるマゾを叱咤し、ひたすら頑張らせる。



    fc2blog_201607080111272d2.jpg



    結果、いい感じに痕もつき、その頃にはマゾの顔つきも幾分良くなっていた。



    fc2blog_201607080111420b9.jpg





    は私からの愛情だというマゾ。


    をふる私の楽しそうな顔を見ると嬉しくなるようだが、痛みに耐えるのはなかなか厳しいのも現実。


    しかし、今回は今までの中で一番頑張れたのではないだろうか。


    それもこれも、お前を少しでも元気にしてやろうという私の気持ちから、いつも以上に厳しく律したのをお前はわかっているのだろうか?



    来て良かったです


    マゾはそう言った。


    もっと私に喋りたいこともあったのだろうね?

    しかし、限られた時間と、実際私を目の前にすると思っていることの半分も喋れないのかもしれない。


    お前が精神的に辛いのはよくわかる。

    だけどね、それでもやはり前を向いて生きていくしかないのだよ。


    しんどくなったらまたおいで。
    しんどくなくてもまたおいで。

    私がお前に頑張る理由を作ってあげる。


    楽しい一時をありがとう。


    fc2blog_201607080112378f1.jpg



    最新記事

    SM女王様データベース