FC2ブログ





    前回逆さ吊りにされたマゾとまた縄あそびできる機会が。

    前回のブログはコチラ
    ↓↓↓
    Wミストレスの縄調教


    まずはまた逆さ。


    fc2blog_20170312232026375.jpg



    今回は前回とちょっと違った形に。


    fc2blog_20170312232217bfa.jpg


    鏡があるといい感じに写真も撮れるから嬉しい。


    そしてこんなオフショットも(笑)


    fc2blog_201703122322319af.jpg

    マスクを被っていても、楽しそうな表情が伝わってくる一枚だ。



    いつも楽しくお喋りしながらなので、それもいい感じ。


    綺羅様も楽しく写真を撮られてます。


    fc2blog_20170312232249e15.jpg



    そもそも写真を撮るのが趣味の私はこんな写真を撮って自己満足の世界へ。

    fc2blog_20170312232346a0d.jpg

    『女王と縄』とでもタイトルをつけようか。



    マゾもこうして写真を撮ってくれる。


    fc2blog_2017031223232361d.jpg




    そして、さらに吊ったままフィストをしようということで、こんな感じに。
    綺羅様との合作

    fc2blog_201703122324027a1.jpg


    完全に何かをするために縄を使うというパターン。


    私はSMのプレイヤーなので、基本的には縄は手段であり、何かをするための道具である。



    綺羅様、吊られたマゾをブランコにして楽しむ図

    fc2blog_20170312232419f83.jpg


    そしてフィスト


    fc2blog_20170312232435420.jpg


    さらにフットをしようということに。


    吊られたマゾを尻目に、ゴムをはめた足を撮る私(笑)

    fc2blog_201703122324495b8.jpg

    Wフィストが余裕のこのマゾ、そうなればもちろん足も二人分飲みこんで欲しいもの。


    写真を撮ろうと思ったらこんなことになっちゃった(笑)


    fc2blog_201703122325011ea.jpg

    私、怖い(笑)



    写真メインのブログとなったが、いつも写真をたくさん撮って楽しむマゾなので、これはこれでいいかなと思います。


    そういえば、また今月の末にご予約をいただいているようで嬉しい限り。
    ありがとう。
    楽しみにしています。
    もともと体力ありそうだけど(笑)、案外体調を崩しやすい時期でもあるので、気を付けてちょうだいね。
    月末は元気な姿を見れますように。


    楽しい一時をありがとう。


    fc2blog_20170312232517c38.jpg






    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データーベース
    女王様データベース




    イメージ動画はコチラ
    フードルTV



    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL スマホ:http://fetishi-sm.com/sp/month_schedule.php?id=53




    椿専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html


    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html



    CBT好きのラバードールが何やら吊りができる場所を探してきた。



    fc2blog_20170227172801f2a.jpg


    ちょっと低めだが、これだけしっかりした梁であれば問題はなさそう。


    ということで、ブランコ状態に拘束。



    fc2blog_20170227172709554.jpg



    何やらふてぶてしく見えるラバードール。


    それもそのはず、ラバードールはそもそも被虐感たっぷりなマゾタイプではない。


    CBTでギャーギャー言うのは好きだが、それも自らしてしてって感じであり、『え?女王様、まさかそんなことするんですか?!ひぃ~!!!』なんてノリは一切ないのだ。


    低周波で辛いのも、どちらかと言うと『こんなことして頑張ってる俺』と『それをしているうちに楽しくなって興奮している女性』を見るのが好きなのだろう。



    だから休憩中にブランコ状態で煙草を吸う姿もやはりふてぶてしい。


    fc2blog_201702271727276d6.jpg


    顔が見えてもないのにふてぶてしい(笑)


    しかし、後姿はなんとなく哀愁が漂う(笑)



    fc2blog_20170227172744c17.jpg


    なんだかネタのようになっているが、この吊り方は腕への負担は一切考えずに済むし、プレイをするにはもってこいなのだ。


    もちろん、もう少し拘束感が欲しい場合や被虐感が欲しい場合はちょっと手を加えるだけでできるので、問題ないという点も付け加えておこう。




    この場所については詳細はここでは割愛する。


    吊りができる場所はとにかく限られているが、逆にいうと、そんな限られた状況だからこそ、色々と試行錯誤し完全な吊り状態ではなくとも楽しめることを考えようとするのであって、そこから生まれるものも少なくはない(はずだ)。


    そして、どうしても吊りがしたいと思う場合は場所を確保するのに少々骨は折れるだろうが、その分吊られた時の喜びはひとしおなはずだ(と思いたいw)。




    ということで、今回はラバードールのCBTな部分ではなく、吊りのほうに焦点をあててみました。


    宙に浮いてみたい、だけどちょっと怖い、もしくは縄痕が困る

    そんなマゾにもおススメです。




    いつも楽しい提案をありがとう。
    買おうとしているアレ、もう少し待っててね(笑)
    また機会があればこの時に使った場所へも行きましょうね。


    楽しい一時をありがとう。


    fc2blog_20170227173114416.jpg

    この超レトロなお部屋でラバーというのもなかなか異質な感じで楽しかった。


    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データーベース
    女王様データベース




    イメージ動画はコチラ
    フードルTV



    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL スマホ:http://fetishi-sm.com/sp/month_schedule.php?id=53




    椿専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html


    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html



    私のもとへ初めてやってきた時から縄を希望していたマゾ。

    思えば初めはとてもシャイでプレイ中にもほとんど声を出すこともなかった。


    終わった後にお喋りをしている時はとてもニコニコとしながら話を聞いていたのがとても印象的だったことを憶えている。


    そんな縄男子なマゾも回を重ねるごとに少しづつ変化していくことになる。



    初めはそこを気にしてはいなかったが、数回後から手ぬぐいで口枷をすると必ず咳きこむようになった。


    なぜなのか?


    本人に確認すると苦手というわけでもないようだ。


    私がその話をしてからというもの、さらに咳きこむようになったとすら思えることからして精神的なものなのかもしれない。


    目隠しだけで試してみた。


    まぁ悪くはなさそうだった。


    グラウンドで拘束


    fc2blog_20170226221834aed.jpg


    fc2blog_2017022622185154d.jpg




    このパターンだと、左右には自分で脚を揺らすことができるのが、ちょっと動きがあり私としては面白い。


    fc2blog_20170226221915696.jpg

    動けるといっても拘束されていることに変わりはないのだから、本人的には動けても動けている感はあまりないのだろうね。

    もしくは逆に中途半端に動くのが辛いかもしれない。



    その次の回の時はあえて手ぬぐいで口枷をしてみた。


    やはり少し咳きこむ。


    この時はもともと好きであろう磔。


    fc2blog_20170226222006555.jpg


    磔は磔で楽しいものだ。


    その柱から全く動けないという感覚は一体どんなものだろう?


    私にはあまり良く分からないが、想像するに磔好きにとっては被虐感があるのかもしれない。


    拷問スタイルだものね?


    しかし、そんなもので興奮してしまうのがマゾだ。


    この時も恥ずかしげもなく、磔られたままそこをしっかりと膨らませていた。


    fc2blog_201702262220285de.jpg



    そして去年の最後、彼は一つのプランを立てた。


    吊りにチャレンジをするというものだ。


    簡単に吊りができる環境でないのが残念ではあるが、探せば吊れる場所はある。

    何か所か彼に教えたところ、なんとか一つの部屋を確保した。


    絶対にこの日は吊りをしたいと思っていたのだろう、かなり早い時間から動いていたようだ。

    そこまでして吊りをしたいという想いに私も応えたいと思うのは当然のことだ。


    まずは所謂平吊り


    fc2blog_2017022622204282b.jpg



    これはなかなか男性には厳しいものなのだろう。

    特に吊り慣れしていない場合はかなりキツイ。


    本人もかなりはぁはぁと息をしていたし、必死だったはずだ。

    なぜしんどいのかはここでは割愛する。


    一旦下してやっても完全に拘束を解くわけはない。


    上半身は拘束されたまま、足元だけ自由を与えられたところで、もう立っているのが精一杯だ。

    後手で吊られていなければ、今すぐにでも崩れ落ちそうだ。


    こういう時に私は何かしら相手に向かって喋っている。


    マゾというものは一人では頑張れない(と思う)


    相手がいるからこそ、その相手に頑張れと言われるからこそ頑張れるのだ。

    そしてそこに喜びを見出す。


    一人で必死に何かをしている、例えばスポーツマンはマゾではない。


    自分で課した何かに向かって頑張り、達成感を味わう人々をMだとか言うのは私的にはちょっと違うと思うのだ(こういう人は努力家という)


    マゾは自分の相手が頑張れというから、なんとか頑張る。

    もちろんその頑張れという言葉だけでなく、頑張れない時にはお仕置きをされ、ひぃひぃ言いながら、たまにはなぜ自分はこんなことを必死で頑張らなければいけないのだろうかと思うこともありながら、それでも目の前の相手に頑張れと言われてなぜか頑張ってしまう。

    それができた時、もちろん相手に褒められる。

    その時マゾというものは、苦しかったこともすっかり忘れたかのように相手に褒められることに喜びを感じてしまうのだ。


    そしてなぜか、ありがとうございますとお礼まで言ってしまう。


    それがマゾだ。


    そう考えると、自分は本当は頑張れない、頑張りたくないと思っているタイプのスポーツマンでコーチとの関係性においてマゾな人もいるだろうね(笑)



    話が随分とまわりくどくなったが、ひぃひぃ言いながらも吊りを受けるこのマゾもきっとそのまま無言で放置していたらきっと頑張れない。

    だからこそ、私はずっと喋り続け、頑張らせるのだ。


    fc2blog_201702262221477e7.jpg


    その先にある何かを感じて欲しいから。


    fc2blog_201702262222041af.jpg



    そう思い、今まで優しくし続けてきたのだが、この時少し方向を変えてみた。


    もうそろそろいい頃だ。


    今まで私の問いかけに答えるようなタイプではなかったこのマゾに、自分の口でしっかりとお願いをさせるということは、きっととても恥ずかしく、ちょっとした屈辱感もあるのかもしれない。


    しかし、きっと知ってしまったのだ。


    自分が身を委ねた相手に無理矢理恥ずかしいことを言わされ、そこに興奮してしまったことにより、自分がどうしたかったのかということを。


    fc2blog_201702262222392b3.jpg



    勢いをもって相手を引っ張っていくことも大切だが、このマゾのように少しづつ時間をかけてやるというのも時として重要。



    今年に入り、方向性は確固たるものになった。


    写真や内容についてはまた次回にしよう。



    去年の最後にまた一歩キミとの距離が縮まったのではないかと思います。
    最近は私のコスチュームについても後からではあるけれどコメントをしてくれるのも嬉しく思っているよ(笑)
    言葉では足りないところはまた女王様メールなどを使い、文字の形で交わしていきましょう。


    楽しい一時をありがとう。


    fc2blog_20170226222258128.jpg



    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データーベース
    女王様データベース




    イメージ動画はコチラ
    フードルTV



    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL スマホ:http://fetishi-sm.com/sp/month_schedule.php?id=53




    椿専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html


    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html



    女王様にいたずらをするという一番重い罪を犯して、淫乱刑務所に収容された囚人番号42番



    ここに入ると厳しい掟が待っている。



    それに耐えられないと、さらに厳しい罰が。


    さて、囚人番号42番は果たしてそれに耐えられるのか?




    そんなストーリープレイを希望してきたK。


    この日、Kはブレーントラストさんの生調教ライブにも出演。


    fc2blog_20160829193251eea.jpg



    しかも、あまりにも楽しみにし過ぎて、プレイまでに相当動きまくった様子で、結局途中でぐったりしてしまうという事態が起きた(笑)



    なんだか子供のようで可愛らしくもあるが、もうちょっと体力を温存しておくべきだったわね。



    きっとブログに掲載されるのをずっと楽しみに待っていると思う。


    しかし、私に2か月はかかると言われ、今回は何も言わず大人しく待っているようだ。


    お待たせ。


    お前の痴態をしっかりと写真としてアップしてやるからね!




    fc2blog_2016082918044773a.jpg

    濃いめのメイクが好きなマゾなので、女装メイクもがっつり濃いめ

    可愛らしくポーズを取れというと、なぜかのこれ(笑)


    fc2blog_201608291805054c0.jpg


    始まりのご挨拶。
    身体が大きく女装のお洋服がちゃんと着れないので、縄で固定(笑)


    fc2blog_201608291805244cb.jpg


    淫乱刑務所では、しっかりと淫乱さを出せねばならない。
    イヤラシイ表情で誘ってみろというと、舌を必死に出す。


    fc2blog_20160829180540481.jpg


    なんとも淫らな姿をさらす囚人42番



    fc2blog_20160829180553beb.jpg


    さらには自分でするように命令される。



    fc2blog_20160829180605d7a.jpg


    そして果てた後、潮まで吹き、床を汚したので、キレイになるまで舌で掃除。



    fc2blog_2016082918175577c.jpg

    食事の時間。
    刑務官である私は普通に食べるが、囚人は踏みつぶしたもので十分だ。

    その後は私の靴もしっかり掃除をさせよう。




    そんな色々をしていると、先ほど書いたぐったりがやってきた。

    色々と興味のあるタイプなので、事前にリクエストも多い。

    マゾが選んだのはゼンタイとバキュームバッグ。


    ぐったりしているマゾにはぴったり。

    寝かして遊ぶ。



    fc2blog_2016082918062115a.jpg


    fc2blog_20160829180636742.jpg


    このプレイ中に何回射精ができるかという話をしていたので、途中またオナニーするように指示。

    こうして見ると、なんとも情けなくも恥ずかしい姿だ。


    fc2blog_20160829180701eed.jpg





    ぐったりしているので、何度も休憩したが、マゾって本当に面白い。


    特にこのマゾのように、プレイ当日よりそのプレイを考えている間の方が興奮してしまうのだろうと思えるタイプは本当に変態だなぁとしみじみ思ってしまう(笑)


    しかしだよ、当日のプレイもしっかりと楽しまねば、それはそれで寂しいことだと思うのだよ。
    だから、お前も次回はしっかりと体調管理をして元気な状態でいらっしゃいね。



    楽しい一時をありがとう。



    fc2blog_20160829192653ffd.jpg


    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データーベース
    女王様データベース




    イメージ動画はコチラ
    フードルTV



    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL 携帯:http://fetishi-sm.com/m/prof.php?id=53




    椿専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html


    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html



    ギャルになりたい。


    ビッチなギャルに。


    自身の中に明確なイメージを持っているマゾ。


    フェティシズムには女装用のあれこれがたくさんあるけれど、明確にイメージを持ちすぎているとなかなかうまくいかない場合もある。


    しかし、さすがはギャルになりたいというだけある。


    何点かは持参してきていた。



    本当はお洋服もギャルな感じが良かったのだろうが、今回はハイレグ。

    なぜって、私のブログでハイレグを着た女装の記事をみて、それはそれでしたいと言っていたから。


    ひとまず、後手だけかけて鏡の前に立たせる。





    自分のいやらしい姿をしっかりと見なさい。



    ギャルだが、案外恥じらいがあるようだ。





    いやいや、絶対本当のお前はビッチで淫乱なはず。



    正体をさらすにはこんなものでは足りないってことね。





    曝け出すにはこれくらい必要でしょう?


    脚をぱっくりと広げられ、もうどうすることもできないわよ。








    この後、痴態を繰り広げたギャルマゾ。



    しかし、本当はもっとできるはず。
    初めての吊りも案外大丈夫だったのはなかなかポテンシャルが高い。


    そして、先日予約の電話をいただいたようだけど、タイミング合わずに残念でした。
    またチャレンジしてちょうだいね。



    楽しい一時をありがとう。







    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データーベース
    女王様データベース







    イメージ動画はコチラ
    フードルTV
     







    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL 携帯:http://fetishi-sm.com/m/prof.php?id=53






    専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html




    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html




    最新記事

    SM女王様データベース