FC2ブログ


    以前来た人間便器マゾ

    ブログを書いたらそれを読んで翌日にやってきた。


    女王としての私のスタンス ~人間便器編~


    これがその時のブログ。



    さて、そのブログを読んで堪らずやってきた人間便器



    前回ほどの用意はない。


    簡易便器がないのだ。



    ということで、フェティシズムに用意のある簡易便器を使用することとなった。


    相変わらず時間があまりなかったので、用意に集中し、写真を撮ることができず、、、


    これはかなり残念だった。


    しかし、この簡易便器なかなかすぐれものです。


    段ボールでできているので、部分的に切り取り、顔を中につっこむようにすることができる。



    逃げないように梱包フィルムで上半身を拘束し、さらにばたつかせる手は私の足で押さえてやる。



    fc2blog_20161209195304e11.jpg



    前回同様、ヒィヒィと苦痛の声をあげ、それでも容赦なく与えられ続け、フラフラになった人間便器であったが、最後はやはり脳内オーガズムを何度も感じることとなった。



    前回と違うところは私にしがみついてきたことだ。



    fc2blog_2016120919532040d.jpg



    ここで人間便器はただの便器から人間マゾ便器になったわけ。


    どう違うのか?


    ただの排泄処理をさせられるものとしてではなく、マゾとして便器という役割を与えられ、その役割をしっかりと果たし、褒められるという過程を踏んだのだと私は思う。


    きっといつまで経っても、行為中は後悔してしまうのだろうし、強制的に便器にされたいと思うのだろう。


    しかし、前回の一人で恍惚の時を過ごしたのと、今回の私の足にしがみついてきたのとは明らかに違うはずだ。


    だからこその人間便器マゾになったということ。




    ブログ掲載の翌日に来てくれて嬉しかったよ。
    きっとお前が今までしてきた内容とちょっと違う方向にいったのかもとは思うけれど、それはそれでいいのだと思う。
    お前もそう思ったからこそまた来てくれたのだろうし、その時の最後がそれを物語っているのだと私は思っているよ。

    またいらっしゃい。
    お前からのオーダーは変わらずお受けするつもりなので。
    だってお前にはそれが必要なのだから。



    楽しい一時をありがとう。





    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データーベース
    女王様データベース




    イメージ動画はコチラ
    フードルTV



    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL スマホ:http://fetishi-sm.com/sp/month_schedule.php?id=53




    椿専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html


    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html



    人間便器がやってきた。


    便器になるための準備も万端だ。


    写真をしっかりと撮る時間の余裕がなかったので、言葉で説明しようと思う。


    まずは自分のペニスとアナルに管が入っており、それがしっかりと自分の口に入るようになっている。


    そしてそこには簡易便器。



    マゾはそこに頭を突っ込み、便器の脚に手をしっかりと拘束。


    そして、口には大きな口の漏斗を外れないようにしっかりと固定されている。




    これをセッティングするのが少しばかり大変だった。


    マゾはなぜか漏斗のサイズを間違って準備してきたのだ。

    口に入らないほどの大きなもので、マゾはそこでがっくりと肩を落とす。



    ちなみに。


    このプレイは60分。


    そして私が人間便器に与えるものは黄金水。


    このことについてしっかりと書くことはあまりない。


    なぜならば、そこまでオーダーがないので、書くことが少ないのは当たり前だ。



    そもそも黄金NGだということは周知の事実だと思うが、今までは黄金水は対応してきた。

    と言っても、先に書いたようにオーダーがあまりないので、そこまで考えてなかっただけとも言うが。



    黄金水はしんどい。

    だって、お浣腸して出してやるのだから。


    黄金が簡単にできる体質であるならば、私は黄金水より黄金がいい。

    本当はね。



    そんな具合で黄金水をしてやるには準備も必要。

    そして出すのに少し時間も必要。


    なのに、人間便器を準備するのに時間がかかる、、、


    そんなこんなで、マゾが漏斗の大きさを間違うという問題が生じるまで、私はなんとなくちょっと気が重かったのは事実だ。


    しかし、その問題が起きた時、私の意識は一変する。


    漏斗を咥えることができなければ、このマゾは一体何をしにきたのかわからないことになる。


    ちなみに、このマゾは人間便器希望なのだが、そんなことを希望したことを後悔させて欲しいというのが一番の目的なのだ。


    人間便器として扱われ、もうやめて欲しいという辛い想いをしたい。



    それなのに、漏斗を口に咥え、それを外れないように固定されなければ、本来の目的を達成することができない。


    それがわかった瞬間、割とふんわり接していた私はきびきびと動き出す。



    持っていたペットボトルの水を飲み干し、口の部分をよい程度にさっくり切り、それを口に咥えさせ、その上から漏斗を乗せる。

    もうピッタリ。


    そしてそれを外れないようにテープなどでグルグル巻きにする。



    マゾにお願いされるまま準備をしていた私が、危機を感じるとここまでサクサクと動くのは、やはり私って女王なのねと思う瞬間だ(笑)


    自分で言うのも何だが(笑)、本当にすっかりプロになったもんだと後で関心しましたよ。



    今回、なかなか詳しく書いているが、何を言いたいのかというと、私は正直黄金水が嫌いなのだ。

    だから、オプションからすでに外した。


    この時も今回でやめようと思いながら行ったので、テンション的に低めだったのは否めない。


    だけどね、目の前のマゾががっかりしている姿を見ると、どうにかしてやらねばと思うし、このコに任せてたら時間がなくなると思えばサクサク動くし、結果的にプレイはとても良いものとなった。


    いくら私が黄金水をするのが嫌いだと言っても、いざするとなると私はきっちりとプレイをしようと思うので、相手に対する容赦もなければ、自分自身嫌だということも忘れる。



    結果、人間便器は時が経つにつれ、苦痛に満ちた声にならない声で喚き、その声には恐怖の色が混じっていたのは言うまでもない。



    お前がこんなことをお願いしたということを本当に後悔したいなら、きっちり後悔させてやろう。


    私が誰なのかということもお前にしっかりとわからせてあげる。


    そしてそうこうしているうちに、私自身も人間便器に恐怖と後悔を与えるということに夢中になっていた。


    常々言っているが、行為はそもそもたいした問題ではない。


    それを誰とどんな風にするのかが重要なのだ。



    そして最終、人間便器を解放してやった時に、マゾの脳内麻薬は頂点に達し、泣きながらドライオーガズムを体中で感じ続けることとなった。



    それを見て、私はもちろん満足し、マゾにこう言った。


    私ね、黄金水対応やめようと思うの。
    だけど、お前がまたお願いしますと言ってきたら、その時は受けてあげるから安心しなさいね。


    もしこの先、他のマゾがそれを望んだとしたら、私はなぜそれを望むのか、どんな風にして欲しいのかをしっかりと聞いたうえで、私がしてもいいと思えば、その時はしようと思う。



    結局黄金もそういうこと。

    以前も書いたが、その行為が嫌なのではなく、その時にできない可能性が高すぎるのでNGなだけだから、タイミングが合えばすることもあるのだろうと思う。


    そうなれば、とてもプレミアものね(笑)




    確か、遠くからやってきたはずよね?
    頻繁には来れないだろうけど、お前にはまた人間便器として私の前に現れて欲しいと思います。
    その時はまたしっかりと後悔させてあげよう。
    きっとその点に関しては、他の誰よりも容赦ないと思う(笑)


    楽しい一時をありがとう。



    fc2blog_20160908221059dc3.jpg

    ちゃんと自分のもので汚れないように準備万端なマゾ





    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データーベース
    女王様データベース




    イメージ動画はコチラ
    フードルTV



    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL 携帯:http://fetishi-sm.com/m/prof.php?id=53




    椿専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html


    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html





    私をまともに見ることもできないお前。


    もう3回目だというのに、相変わらずだ。



    震えながら、下を向き、想いを口にする。




    だけどね、何度も言っているでしょう?


    私の目を見てごらん。




    それでもすぐに目を逸らしてしまうから、何度も顔をビンタする。



    ソファに座った私の前に正座し、ひたすら震えているお前の肩に脚を乗せる。





    自分で遊んできたのであろう乳首を少し弄んでやるものの、お前の役割はわかっているでしょう?




    何度しても嫌がるお前だから、今回は嫌でも口を開けていられるようにしてやろう。




    開口型の口枷を施し、嫌がるお前を床に転がす。



    いや、、、



    小さな声で言うが、そんなことはお構いなしだし、第一私に与えられるものをいやと言うなんてどうかしている。




    ありがとうございます


    そう言うように言いつけてあるというのに、お前は出来損ないだ。




    顔をまたぐように立つ私


    見下ろすと顔を背け、怯える情けないマゾ




    なぜ口を開けてあるのか?


    お前はすでにわかっているはずだ。



    何もできないお前だから、便器にでもしてやろうということ。



    背けた顔を動けないように、足で固定する。


    そして、立ったまま開いた口にめがけ、流し込む。



    今日は容赦しないわよ。


    少しづつなんて期待するべきではない。



    便器にそんな優しさは不要。



    私が使いたいように使うだけ。







    いつも怯えているね(笑)
    それがお前のスタンスなのはよくわかっているし、私に対しての気持ちの現れなのだろうと思っています。
    しかし、私の言ったことはできるようになろうという意思は見せなければ。
    これからも頑張りなさいね。
    いつも甘いものの差し入れ、ありがとう。
    美味しくいただいているよ。




    楽しい一時をありがとう。












    イメージ動画はコチラ
    フードルTV



    WEBスナイパー様 『強制幼児プレイ』体験動画はコチラから
    S&Mスナイパー
     




    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データベース



    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL 携帯:http://fetishi-sm.com/m/prof.php?id=53






    専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html




    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html



    Twitter:https://twitter.com/tsubaki5190625
    Facebook:https://www.facebook.com/tsubaki.tanizaki


    愛想が悪いのか、緊張しいるのか、よくわからない感じのキミ。



    初めまして。




    何がしたいのか聞いてみると、人間家具だとか人間便器に興味があるよう。




    そーいえば、この手のことが好きなコって大人しいというか愛想がないというか(笑)そういうコが多い感じがするのは私だけ?




    とにかく、じゃあそういう感じでいきましょ。


    また、このコはこだわりが強いようで、私の衣装に細かくリクエストをしていた。


    だけどね、ちょっと問題があるのよ。
    そのスタイルだと、最後の便器にすることがちょっと難しい。



    そう言うと、『そーですよね』だって。


    わかってるんじゃない!(笑)
    だけど、その分この衣装がいいというのもわかった。
    厳しいと思いつつも、この衣装を着た私が良かったのだろうから。



    そうなると、俄然やる気になる。


    なんとかするから、やっぱりコレ着てプレイしよう。







    人間家具→家具として使い物にならない→しょうがないから、せめて私の遊び道具にする→それでも役に立たないから便器にする



    そういう流れでのプレイ









    さぁ、今からお前は私の家具。
    テーブルにしてあげようね。

    家具なのに、なぜ声が漏れるの?

    少しでも可愛くしてあげようと、飾りに私のショーツを被せてあげたら、ますます声が漏れる。



    お前、家具なんだから声出しちゃダメでしょう?

    そう言っても、全く変わることはない。




    もういいわ。
    お前、家具としては失格。

    せめて私の遊び道具になりなさい。



    そう言って、徐ろにアナルで遊びだす私。
    あぁあ、そんな顔しちゃって。
    感じちゃうんだ?


    私の網タイツの脚にしがみつき、よがるお前。


    そんなに網タイツの脚が好きなの?




    途切れ途切れの声で『椿様に調教されるのが夢でした』と言うけれど、お前全然いいコにしてないわよね?




    だったら、しっかりしてあげる。




    お前は役に立たないから、せめても便器になりなさい!


    ペットボトルを半分に切ったものを加えさせ、便器の出来上がり。



    容赦なく注がれる私の聖水を口一杯に溜めたまま固まっているお前に、





    『早く飲み込みなさい!ゴクンってできるでしょ!』



    そう叱ると、やっとの思いで全てを飲み干した。










    ブログへの掲載を望んでいたキミ。
    写真も載せるね。
    大阪のクラブはサービスがいいですね、と私があげたミネラルウォーターを飲んでいたが、それは私が持ってきたものなのだ。
    もちろん、私の在籍するクラブはサービスもいいが、私自身もサービス精神旺盛なの(笑)
    あぁ、サービスのS(笑)


    ブログも読んでくれているようで、新しくなったキャリーについても触れてくれてありがとう。
    終わった後は結構お喋りしてくれたから安心しました。

    また大阪へ来る時には会いにいらっしゃいね。





    楽しいひと時をありがとう。















    イメージ動画はコチラ
    椿女王 SM女王様



     




    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データベース



    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL 携帯:http://fetishi-sm.com/m/prof.php?id=53






    専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html




    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html



    Twitter:https://twitter.com/tsubaki5190625
    Facebook:https://www.facebook.com/tsubaki.tanizaki







    椿女王



    便器になりたいのに、なかなか勇気が出なかったのね。



    泣いて嫌がるかもしれません。
    その時は無理にでもお願いします。



    そう言ってたキミがやってきた。




    安心して。
    私がしっかりと堕としてあげる。


    その言葉でキミはやってきた。




    メイドとご主人さまの関係が入れ替わるストーリープレイ。





    身体を清めて戻ってきたキミにいきなりプレイを始めた私。

    驚いてたね。


    だって、私はメイドだもの。

    しっかりとメイドの役割をしなきゃ。




    だけど、私はご主人さまの秘密を知ってしまった。

    ご主人さまの日記。

    妄想と私の部屋をこっそりと探検していた記録。




    奥様にばらしますよ。
    ご主人さまが変態だって。

    やめてくれと懇願するご主人さま。


    だけど、その態度は何?
    人にお願いをする時の態度ではないですよね、ご主人さま?



    屈辱に彩られた目で私を見つめ、諦めたかのように土下座をする。




    いい気味!
    いつも偉そうなご主人さまが私に土下座してるんだものね。



    だけど、簡単には聞けない。




    私の言うこと全て聞けるなら、奥様には言いません。




    驚くご主人さま。




    だけど、ご主人さまの変態な妄想は知っている。




    ふふ。
    本当はいじめられるのがお好きなのでしょう?





    こんなやり取りをしている間、怯えた目のご主人さまだけど、ほら。
    ソコはいやらしくパンパンに腫れ上がっている。


    それを告げられ、慌てるご主人さま。





    なぜソコがそんなことになっているのか問いただすと、『少しMだからかもしれない』と。



    今、何て言ったの?
    強く言う私に驚いてるよう。


    お前は『少し』Mなの?
    で、『かもしれない』って何?
    誰に向かって言ってるの?





    ご主人さまが奴隷に堕ちる瞬間。






    お前は言葉もきちんと喋れないのなら、人間である必要はない。


    そう言って、家畜に堕ちる。



    屈辱よね?
    でも安心して。
    こんなものでは終わらない。



    家畜としても不十分なお前を結局は便器にまで堕としてやった。





    何度も泣きそうになりながら屈辱に塗れたお前




    便器としてこれから生きていく決心までさせられた。


    いいえ、自らそう言ったのよね?




    捕らえられ、身動きができないまま便器にされた気分はいかがだったかしら?






    久々の人間便器プレイ。
    十分に堪能させていただいたよ。






    終わった後、放心状態だったけど、大丈夫だったかしら?
    最後は笑顔も見れたし、楽しんでいただけたのではないかと思っています。
    勇気を持って一歩踏み出したキミ。
    よく頑張りました。
    そして、その一歩を私が作れたことを嬉しく思います。
    写真を撮れば良かったと、そこが残念なこと。
    また、いらして。
    その時はしっかり撮ってあげましょうね。









    楽しいひと時をありがとう。
















    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データベース



    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    椿女王様




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL 携帯:http://fetishi-sm.com/m/prof.php?id=53






    専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html




    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html



    Twitter:https://twitter.com/tsubaki5190625
    Facebook:https://www.facebook.com/tsubaki.tanizaki







    椿女王



    最新記事

    SM女王様データベース