FC2ブログ



    私のブログには結構な割合で亀頭責めが出てくるような気がする今日この頃。


    まぁ確かにそれが好きなマゾが案外多いのだろうなとは思う(笑)


    初めの頃は亀頭責めって何するの??から私は入ったような気がするが、今となっては


    亀頭責め?任せなさい!!!


    くらいの勢い(笑)


    ずっとやってると経験値はもちろん上がるし、もともと私は結構好奇心が旺盛なのだと思う。


    いや、好奇心が旺盛というよりは、観察するのが好きなのかもしれない。


    これをしたらこうなるということは、こっちをしたらどうなるの?的な考えの元、マゾの身体をいじくりまわしてきたのだ(笑)


    それは今でも変わりない。


    そんなことをしていて新たな発見があると嬉しいし、私ってまだまだ伸び代あるんじゃない?なんて思うのだ(笑)




    ところで、今これを書いていてわかったのだが、『伸び代(のびしろ)』ってこんな漢字だったのね。


    知らない漢字って結構あるもので、本を読まなかったり書かなかったりすると、さらに忘れていたりもする。
    私にとってそういう意味でもブログって大切だなぁ。。。


    と脱線しましたが、マゾの身体をいじくりまわすという話です。


    今回は冒頭に書いたように亀頭責め


    私の今のところの経験で言うと、やはり最強なのは手の平ですること。

    何度も繰り返したり、その繰り返す間隔だったり、そういう重なりで相手の反応も変わってくる。

    他にもよくあるストッキングやガーゼなんかも使ったりするけれど。


    で、ふと思いやってみたのが、ゴム手袋での亀頭責め


    fc2blog_201703082110574da.jpg



    素手でするのと何か違いがあるのだろうか??

    そんな単純な疑問のもと何人かのマゾに試した結果、これはこれでアリです(笑)

    感触が違うとまた新たな感覚になるのは当たり前のことだが、案外これで責められるのもいいみたい。


    fc2blog_20170308211113eb5.jpg


    この時のマゾもいつも通り、ヒィヒィ言ってました(笑)


    あ、そんなのよくすることだし、みんなやってますよーという話であるなら、ちょっと恥ずかしいんじゃないかと今ふと思った。

    でも、私は残念ながら色々調べたりはあまりしないタイプなので(そう考えると本当に残念なタイプだな)、自分でプレイをしている中で発見しないと案外知らないってことがあるのだろう。



    ということで、やっと知れて良かったですねくらいの温かい目で読んでちょうだいね(笑)



    毎回ただひたすら亀頭責めだけを希望するキミ。
    しかし、体勢を変えたり、拘束の方法を変えるだけでも新たな発見がある。
    次回はどんな拘束がいいだろうね?(笑)
    全然違う感じにできるといいなー!
    しばらくお会いしていないが、またヒィヒィ言いに来てね(笑)


    楽しい一時をありがとう。




    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データーベース
    女王様データベース




    イメージ動画はコチラ
    フードルTV



    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL スマホ:http://fetishi-sm.com/sp/month_schedule.php?id=53




    椿専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html


    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html



    私に子羊と呼ばれて早数年のマゾ。


    そう言えば、初めはマゾな感じは一切なかったような気もする。


    しかし今やそんな子羊も立派な変態マゾである。


    マゾとして成長しなさいということで『子羊』と呼ばれ出したのに、もうすっかり羊になってしまったような、、、


    いや、まだまだ変貌を遂げているので、私にとっては子羊である。


    ちなみに前回のブログは

    ↓↓↓
    子羊の変化Ⅱ



    その後もひたすら亀頭責めをされ続けているのだが、これが今の子羊にとっては必要なこと。



    とにかくまずは動けないようにすることが肝心。


    最近のお気に入りは(私のw)だ。


    fc2blog_2017030322531252e.jpg



    大の字(はりつけ)は手足を四方に伸ばし、解放感があるが、もうどうしようもなく動けない。

    動かせるのは腰の辺りだけだが、そこが動いたからといって、どうすることもできない。


    もちろん、最近の傾向である、自分で自分が制御できなくなる方向になる。


    さらにその次の時はもっと動けないように縄をたくさんにしてみた。


    fc2blog_201703032253304e9.jpg


    fc2blog_20170303225340ce9.jpg

    この時、子羊は『今年で一番すごかったです』と言った(これはこれでよく言っているがw)


    さらに動けないのが良かったのだろうか?


    そして新年が明け、最初のプレイの時にはあまりにもお部屋が寒かったので、布団をかけた状態で


    fc2blog_20170303225403ab8.jpg


    これは写真ではわからないが、布団も一緒に縄で固定しているの(笑)


    途中で熱いですと言う子羊を無視してそのままの状態を続けたのは言うまでもないが、それはそれでちょっとした実験でもあった。


    テンションが上がってきた時に暑いとどうなるのだろう?そう思ったからだ。


    fc2blog_20170303225423d9f.jpg

    この時は確か、最終形態になるのに時間がかかったような気がするが、どうすれば最終形態になるかはおおよそ私も把握した(暑さは関係しているのかは不明)。


    意識が飛びそうなほどおかしくなるこの最終形態は私が促してやるからこそなることではあるが、どうしてそうなるのかははっきり言って私にも正確にはわからない。


    しかし、亀頭責めを散々に続け、そろそろか?と思った頃に言葉責めでさらにテンションをあげてやると、最終形態に突入するのだ。



    それをしっかりと確認できたのがつい先日のプレイだ。


    久々にをやめ、手も足も閉じた状態でのマミフィケーション状態。


    fc2blog_2017030322544196a.jpg


    しかもね、いつもより時間がたくさんあったので、これはもういやってほどがっつりとやってやろうという方向で(笑)


    ここであっという間に最終形態に入りかけたため、一旦引き戻しにかかる。


    意識をしっかりと戻してやり、また散々に責めてから、再度最終形態にもっていくという二段階がまえ。


    もちろん、大好きなパンストでも責めてやる。


    その大好きなパンストは私が履いているのだから、パンストの脚をしっかりと使ってやる。

    足に挟み込み足コキをするものいいだろうが、亀頭のパンスト責めでいうのであれば、脚をこすりつけてやるような感じがいい。


    fc2blog_20170303225505a7c.jpg


    その悶絶する亀頭責めに、顔を起こしてくるので、そこもまた大好きなパンストの足で押さえてやる。


    fc2blog_20170303225525843.jpg


    押さえるというか、足を乗せておくと、顔を起こしてくるたびにそこに足があるという感じ。


    私が足で押さえているというよりは、自ら足に顔を押し当てるって感じね(笑)


    それってまぁまぁ屈辱的なことじゃない?



    そうこうしているうちに二度目の最終形態に差し掛かったので、ここからはしっかりと入り込ませてやるのみ。


    今までにないほど叫び、その後は死んだようにぐったりする。


    目はうつろ、焦点が完全に合ってない。


    あとで本人も言っていたが、意識がなかったようだ。


    この状態になりかけると、本人的には怖いらしい。

    自分はどうなってしまうのだろう?と不安になるのだろうね。

    しかし、動けるわけもなく、そしてヒィヒィ言う亀頭責めの間に気持ちいいこともあると、不安だけど気持ちいいという本当にどうしていいのかわからない状態になるのだ。


    もちろん、これは私が観察して思うことを書いているだけで、実際のところは本人しかわからないのだけどね。



    子羊がこちらに帰ってくるのはお約束の潮吹きの顔射。


    これで完全に現実に戻ってこれるそうだ(笑)


    そう言えば、数回前のプレイで子羊はK点越えの射精をした。


    頭の上まで飛んでいったのだ。


    人の身体というのはなかなかにしてすごい(笑)



    だからこそ、こうして同じプレイでもずっと楽しく追及できるのよね。



    いつも差し入れありがとう。
    この間も今までで一番すごかったですと言っていたけれど、そうして回を重ねても新鮮な気持ちでいてくれることは本当に嬉しいいことよ。
    これからも、私の思いつきに付き合ってちょうだいね(笑)
    またプロレスのお話もしよーね。

    楽しい一時をありがとう。


    追記☆
    一番直近のプレイで子羊は『死んでもいい』と口走った。
    後で聞いてみると、天国にいるような感じがしたのだとか。
    悶絶して意識まで失った先にはそんな状態が待っているらしい(笑)


    fc2blog_20170303231926895.jpg



    fc2blog_2017030322561842d.jpg



    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データーベース
    女王様データベース




    イメージ動画はコチラ
    フードルTV



    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL スマホ:http://fetishi-sm.com/sp/month_schedule.php?id=53




    椿専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html


    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html


    ボンテージフェチがやってきた。

    見ているだけでもいいくらい好きならしい(笑)


    ということで、本人の希望によりボンテージを二種類着ることに。


    プレイの内容はというと、亀頭責めと快楽責め。


    拘束するのがいいのではないかと思い、マミフィケーションを提案。


    という時に限って、材料がちょっと不足な残念な私、、、


    しかし、ここで終わる私ではない!


    少ない材料でもしっかりと動けないように固定したので、これで準備完了。



    さて。

    この芋虫をどう料理してやろう?


    蛇柄のキャットを着た私だもの。

    獲物は逃がすわけはない。



    ボンテージフェチはグローブも好きなようなので、グローブ責めもしてやろう。


    fc2blog_20170108221520586.jpg



    ここで一気にテンションが上がるマゾ。


    そうに決まっている。

    大好きなボンテージにさらにグローブで責められるなんて夢のようだものね?


    今回はさらに白のハイレグボンテージ。


    fc2blog_2017010822153749e.jpg



    ここからはがっつりとおもちゃ責めもしてあげる。


    フェティシズムオリジナルのファッキングマシーン


    fc2blog_2017010822155393f.jpg



    そして私所有の電動オナホ


    fc2blog_20170108221606b18.jpg


    しかしそれで終わる私ではない。


    連射もしてみたいと言っていたマゾなのに、私はイキそうなところを何度も何度も寸止めして、ヒィヒィ言わせてやった。

    これぞ、快楽地獄責め(笑)


    最後にマゾは


    なめてました


    とコメントしたのだが、その証拠に足元がふらついていたのが印象的でした。



    ボンテージを途中で着替えるというのもまた楽しいものだね。
    全く違ったタイプの2種類だったので、私自身も気分が変わり楽しめました。



    楽しい一時をありがとう。



    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データーベース
    女王様データベース




    イメージ動画はコチラ
    フードルTV



    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL スマホ:http://fetishi-sm.com/sp/month_schedule.php?id=53




    椿専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html


    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html


    身も心も椿様に染められたい。


    そんなメールを送ってきたように覚えている。


    とにかくとても楽しみにしているが、とても不安だというマゾらしい内容だったはずだ。


    そんな初心者マゾは亀頭責めをして欲しいようだったので、私は迷わずマミフィケーションをする。


    私の可愛い芋虫になって、身も心も私に染められちゃいなさい。



    また新たな私の芋虫が完成。


    fc2blog_201612192356567bf.jpg


    だけど、肝心なのはこれからだ。


    動けない中、私の行為を意思とは関係なく受け入れるしかない、そんな状況を自ら望んでやってきたのだもの。

    もう後戻りはできないわよ?


    だけど、安心して。

    後悔はさせない。


    しっかりと身も心も私の色に染めてやろう。



    作り上げたばかりだと言うのに、さっさと解体作業に取り掛かる。


    とは言っても、剝いてやるのは一部だけ。


    お前の乳首とペニスが出ていればそれでいいのだ。


    fc2blog_20161219235715cf4.jpg



    たったそれだけのことで、お前は今からきっとおかしくなってしまうのだ。


    容赦なく責め立てられ、しかし快楽の渦に呑まれていくことを拒むことはできない。


    むしろ拒みたくないだろう。

    このまま支配される喜びと安心を感じていたいのではない?


    快楽の渦は果てしなくどこまでも続く。


    そんな中、乳首とペニス以外のところも私に侵食されていく。




    fc2blog_20161219235754e58.jpg



    耳元で聞こえる咀嚼の音。

    お前はその音を聞きながら、思わず興奮してしまう、変態芋虫マゾだ。


    一旦私の口の中で唾液とともに咀嚼されたものを雛鳥のように与えられる。



    fc2blog_20161219235740de7.jpg



    それはお前の口に入り、そして体内へ取り込まれていく。


    身も心も私に染められていくとはこういうこと。


    そして私に与えられるさらなる快楽はお前の身体に染み込み、そして脳内に染み込む。


    私に身も心も染められたい


    その想いは芋虫と化すことにより成就する。




    なんとか時間を作って他府県から来てくれたキミ。
    プレイ後にお礼のメールもいただき、嬉しかったです。
    やっとブログが書けました(笑)
    バームクーヘンはなかなかに咀嚼プレイにはヘビーな食べ物だけど、とても美味しかったので良かった(笑)
    次回があるのなら、もう少し咀嚼しやすいものを選んでいただけると助かります。



    楽しい一時をありがとう。



    fc2blog_20161219235808e6a.jpg



    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データーベース
    女王様データベース




    イメージ動画はコチラ
    フードルTV



    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL スマホ:http://fetishi-sm.com/sp/month_schedule.php?id=53




    椿専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html


    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html


    亀頭責めのリクエストは多い。


    ブログを読んでしてもらいたくなった。


    そんなコは大抵そこまで強くなく、イメージ先行でとにかく責められてみたいという願望があるのだろう。


    そんな中、私が亀頭責めとしてブログを書くようなマゾ達はみな強者である。


    ヒィヒィいって止めてくださいと言っても、本当はやめずに続けて欲しいと願う、なんともややこしいタイプなのだ(笑)



    そして、私はそんなややこしい願望を持って来たマゾには、これでもかというくらい亀頭責めを堪能させてやる。



    止めて下さいと言ってもやめないで下さい


    これが彼らの希望なのだもの。


    止めるわけがないのだ。


    何度もこの点については書いているが、なぜ最初に彼らがそうお願いしているのに止めてしまう人が多いのだろう?



    あまりにも辛そうにしているのを見ると、やはり止めたほうがいいのでは?そんな気になるのだろうか?



    それは安易すぎる。


    彼らは泣いて叫んでもやめて欲しくないのだ。


    なんなら泣いて叫びたいのだ。



    ということで、これで数回目になる亀頭責めオンリーのマゾ。


    他の亀頭責め好きのマゾの話をしている中で試してみたいというので、ある体勢になることに。



    ということで、そこにあるローテブルにマゾを寝かせる。


    寝かせるというよりは、テーブルを抱くようにうつ伏せ状態に。


    私はこれを亀と呼んでいる。

    あ、ダジャレではないよ。

    今気が付いたが、亀頭責めにさらに亀って、、、(笑)






    とにかく、縄でテーブルとマゾをしっかりと固定。



    ちなみに膝は床についている。


    そうしなければ、肝心の亀頭が触れないからね。


    さて、この体勢にするわけはというと、


    ペニスをぐっと折るように股の間から出す。


    逆向きにされた感じね。


    その状態で亀頭を責めるのだ。


    これね、なかなか刺激が強いらしい。


    強者共がヒィヒィ言うので間違いない。


    やり過ぎて、マゾは体勢を崩し、テーブルごと転げるハメに(笑)


    その体勢のまま、もう止めて下さいと懇願するので、そこは止めてあげた。



    もちろん、その体勢をね(笑)


    亀頭責め自体を止めるはずがなかろう!


    時間いっぱい亀頭責めは続くのでした(笑)



    fc2blog_20161128205216ca0.jpg



    冒頭にも書いたが、そこまで強くないコでもたくさん来てるので、その辺りは調節できるのでご安心を。
    亀頭責めに興味があるコは試してみましょう。




    射精なんてどうでもいい。
    亀頭責めだけでも十分。
    そんなキミのスタンス、なかなかいいと思う。
    だからこそ、そこだけに集中してプレイができるものね。
    これは前回のプレイだけど、先日も楽しくできました。
    ストレス発散にまたいらっしゃいね。


    楽しい一時をありがとう。




    追記
    亀頭責めのカテゴリーを作りました。
    しかし、過去記事を拾うのはなかなか大変な作業なので、おいおいやっていこうと思います。



    最新記事

    SM女王様データベース