FC2ブログ



    fc2blog_20170402200350ccd.jpg


    呼吸管理だけをして欲しいマゾ。

    世間的に言えばかなりマニアックなのだろうね。


    私自身が呼吸管理が好きということもあって、拘束好きマゾ達は呼吸管理に興味があると耳にすることもよくあるが、呼吸管理だけを希望するマゾはやはり数少ない。


    このマゾとは3回目。


    ラバーフェチ呼吸管理が大好きなマゾ。

    今回もまたたくさんグローブを持ってきてくれた。


    fc2blog_201704022000440d4.jpg



    私が普段使っているものに比べるとやはりフィット感はかなりいい。

    はめていて負担が全くないのが素晴らしいし、気持ちいい。


    ところで、ラバーフェチ呼吸管理って関連あるのだろうか?

    ラバーは皮膚呼吸ができないってこともちょっと関係あるようなないような、、、(笑)





    まずは記念撮影。


    fc2blog_20170402200100ebd.jpg


    だけどちょっとだけ遊んでみる。



    fc2blog_20170402200112389.jpg


    呼吸管理の楽しいところは、初めはただ押さえているだけのように見えるが、じーっと待っていると少しづつ苦しそうにしてくるところ。

    この瞬間がたまらないのだ。


    そしてその瞬間を楽しんだあとは、どこでやめてやるかがポイントである。


    まぁ見た目には地味なプレイであるが、二人っきりでこの地味なプレイをするのがなんと楽しいことか。


    フェチマゾの希望で、布団に一緒に寝てる感じの写真撮影(笑)


    fc2blog_2017040220013349c.jpg

    これはフェチ部分としての欲求なのだろう。


    日常にはない光景。

    ラバーを二人で着込み、あえて布団に入って寝るところを想像すると非日常感に興奮するのだろう。




    さて、メインの呼吸管理はビニール袋を使ったものだ。




    被せて少しづつ中の空気が薄くなっていくのをただただ見ている

    顔にビニールを乗せて、呼吸を奪う


    fc2blog_2017040220014990c.jpg



    これは本当に楽しい。

    これは透明のビニール袋でするべき。

    だって顔が見えないなんて楽しさ半減である。


    以前このマゾに教えてもらった、顔にビニール袋を被せ、そのビニールを引きちぎれないように手の自由を奪うというものは、今では私の好きなプレイの一つになっている。


    しかし、当の本人はやはりかなり怖いらしく、あまりやりたがらない。

    それは勢いをもって私が無理矢理するしかないようだ(笑)


    空気がどれだけ大切なものかわかるでしょう?

    空気吸いたい?吸いたいならお願いしてごらん。


    空気をもっとください

    って。


    fc2blog_201704022002230bd.jpg


    最近の私はハンドギャグで呼吸管理をするとき、あえて少しだけ呼吸ができる程度にするのが楽しい。
    なぜって、完全に呼吸ができないのもいいけれど、少しだけ呼吸ができるってその状態が続くと結構苦しいのよね。
    それって長く楽しめるし、本人的には吸わなきゃしんどい、しかし吸うのもしんどいという二重苦だと思うから。

    ふふ、私って地味に陰湿なのかもしれないわね(笑)




    呼吸管理は私の好きなプレイの代表的な一つであると言っても過言ではない。
    もっと呼吸管理の楽しさを教えてあげたいので普及活動に余念はない(笑)

    がっつり呼吸管理をしなくとも、ちょこっとされるのは案外いいかもしれないわよ。



    年始にうまくタイミングが合い良かったです。
    なかなか大阪に来れないとは思うけど、初2度リピートに続き、初3度目のリピートもしていただけたらと思います(笑)


    楽しい一時をありがとう。




    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データーベース
    女王様データベース




    イメージ動画はコチラ
    フードルTV



    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    ↓クリックしてね♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL スマホ:http://fetishi-sm.com/sp/month_schedule.php?id=53




    椿専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html


    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html




    一年ぶりにやってきた呼吸管理LOVEのラバーフェチマゾ。


    私へのプレゼントにグローブなどを大量に持ってきてくれた。


    普段私が使っているゴム手袋と違い、ワンセットづつ入ってるのはやはりフィット感が違う。。。





    これね、何気に気持ちいいの。


    私は実はピッタリフェチなのかもしれない(笑)



    今回は参考の動画を持ってきてくれて、それを二人で見た。


    内容は、手も足も椅子にしっかり固定された女性がビニール袋を被されて、呼吸をする。


    だんだん袋の中の空気が薄くなり、最後はビニールが顔にぴったりとつく。


    苦しい女性はなんとかしたいともがくが、どうしようもない、というもの。


    他には手をドラえもんのようにぐるぐる巻きにされた女性が同じようにビニール袋を被され、苦しむが、手が使えないのでどうにもならないというもの。



    フェチマゾ自身もそこまではしたことがなく、興味はあるが怖いと言う。


    実際プレイではハンドギャグでじわじわ遊んだりしながら、最終はビニール袋を被せるというものに移行。



    怖いです、怖いです


    そういうマゾに、大丈夫だよと言いながらビニール袋を被せ、首をしっかりとテープで留める。


    初めはそれだけで遊んでいたが、結局私はマゾの手を徐にグルグルと巻きだした。


    やはりここまでくると本気で怖いようだ。


    しかし、自分では怖くて、して下さいとは言えないだろうし、ここは有無を言わさず私が勢いでしてやったほうがいいのだ。



    もちろん、私自身もしてみたかったしね。



    あまりの怖さにパニくるマゾ。


    しかし、私はやはり楽しかった。


    本気で恐怖を感じる人を見るのはなぜこんなにゾクゾクとするのだろう?



    もちろん、あまりにすると、完全にマゾが参ってしまうと思ったので、ある程度でやめてあげた。



    ただ、これもある程度の信頼関係がないと厳しいものではないだろうか。


    マゾはきっと、本気で怖いなりにも、私にある意味任せようと思ったのだろうから(そうでなければ、本気で腕を振り払ったに違いない)




    その後は、ビニール袋を被せるのではなく、ビニールを顔に巻く感じで呼吸管理を楽しんだ。


    これはなかなかマゾも良かったようである。


    マゾに馬乗りになり、呼吸を奪う。


    時に残酷に、時にいやらしく。




    そんなことをしているうちに、凛女王様が参加。






    私のハンドギャグは両手を使わなければ完全に呼吸を奪うことはできないが、凛女王様の大きい手なら片手で完全に止めることができるのだと知って、ちょっと羨ましかったり。







    しかし、マゾがもうぐったりしていたので、あまり色々できなかったのが残念なとこ。










    機会があれば、元気な状態の時に完全に二人に押さえ込まれながら呼吸を奪われるというのをしてみたい。





    前回とはまた違ったプレイ楽しんでいただけたかな?
    すぐにお礼のメールをいただいたところをみると、楽しめたのではないかと思います。
    そう言えば、前回は色々と言って欲しい言葉とかがあったけど、今回はそういうのなかったわね?


    やっとブログを書けました。
    おまたせ(笑)
    呼吸管理に夢中で、あまり写真を撮れなかったのが残念。
    次回はちょっとした動画も撮って二人で鑑賞会も楽しいのでは?
    また遊びにいらっしゃいね。


    楽しい一時をありがとう。






    欲望は人それぞれ。

    どんなプレイがしたいか聞いてみても、もちろん実現できない場合もある。



    それは現実的に不可能なこともあれば、私にはできないこともあり、様々だ。



    本人的にもそれは夢であり、実現できなくても仕方がないと思えることもあれば、それができなければ満足できないということもある。


    実現可能でも私ができない場合はもうどうしようもない。
    どうして私のもとへ来たのかと思うし、なぜ確認しなかったのかと困惑してしまう。

    だけど、それでも私のもとへ来たかったと言うのであれば、話は別だ。


    その希望する行為ができなくとも、キミを私のやり方で楽しませてあげる。





    今回のコはそんなタイプ。

    本当はしたいことがある。して欲しいことがある。
    でも、それは私にはできじらしてあげよう。



    キミの気持ちを知ったうえで、ひたすらじらす私をずっと見つめるキミ。


    支配されたいくせに、すぐに叱られるようなことばかりする悪いコ。




    そんな大げさなものはいらない。


    私の手があれば十分。

    手で口を塞ぐ。
    私をずっと見つめるその目の光が徐々に変わっていく。
    どこまで私の手を受け入れるのか。
    静かな時間の中でキミは少しづつ変化を遂げる。


    呼吸を管理されることで、少し落ち着いたキミ。


    だけど、私にじらされ、また悪い手が動き出す。



    その繰り返し。




    理想に近い形でのプレイだったと言ってくれたキミ。
    キミの望みは全て私は叶えてあげることはできないけれど、その望みを彷彿とさせるプレイになったのではないかと思います。
    だけど、本当にその悪い手はお仕置きが必要だよね?(笑)





    楽しいひと時をありがとう。












    イメージ動画はコチラ
    椿女王 SM女王様


    WEBスナイパー様 『強制幼児プレイ』体験動画はコチラから
    S&Mスナイパー
     




    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データベース



    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL 携帯:http://fetishi-sm.com/m/prof.php?id=53






    専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html




    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html



    Twitter:https://twitter.com/tsubaki5190625
    Facebook:https://www.facebook.com/tsubaki.tanizaki







    椿女王


    匂いフェチだと言ったキミ



    色々な方法で匂いを嗅がせてあげる。



    必死に私の匂いを嗅ぎ取ろうとする。




    足を顔にもっていくと、なんだかさらにテンションが上がっているようだね。



    そんなキミを見ていると、むくむくと私の欲望が湧き上がる。


    その匂いを嗅ぎとるために必要な鼻。




    それを足で押さえつける。



    ふふ。


    せっかく足があるのに、匂いを嗅ぐことができなくなっちゃったね。


    可哀想に。



    悲しそうな目で訴えるキミを横目に、私は足をどけることもなく、さらに口まで塞ぐ。





    動こうと思えば、動けるのだよ?
    だけど、大人しくされるがままになっているキミは匂いを嗅げなくとも、今の状態でいいのかしら?




    じゃあ、これはどぉ?

    手で鼻と口を塞ぐ。



    やはりジッとしているキミだけど、ほら、だんだん苦しくなったきたでしょう?

    身体が少しピクピクしてくる。




    その瞬間が好き。

    さらに体重をかけ、逃れられないようにしてあげる。




    静かな時間。
    本当はすごく短い時間かもしれないが、とても長く時が止まったかのように感じるこの時間。




    残酷な思いを抱えながらも、相手を愛おしく思う瞬間だから。




    そんな一瞬が私はとても好き。

    派手なことも楽しいけど、この地味な行為が私はとても好きなのだ。




    二人にしかわからないって感じもいい。






    手を離した瞬間の必死に息を吸い込もうとしているキミにはご褒美をあげよう。




    キミが吸い込めるのは私の匂いを纏った空気だけだということをわからせるように。










    手で塞がれている瞬間、実はちょっと怖かったというキミ。
    怖かったのに、結局は私のされるがままになったいたという事実をキミはキミ自身どんな思いで受け止めているのだろう?
    フレンドリーな感じの会話とプレイの差はかなり興味深いものがありました。





    楽しいひと時をありがとう。





    椿女王様 SM BDSM フェティシズム







    イメージ動画はコチラ
    椿女王 SM女王様


    WEBスナイパー様 体験動画はコチラから
    S&MスナイパーHP
     




    女王様ランキング参加してます☆応援よろしくお願いします。
    クリックして入場して下さいね♪
    ↓↓↓
    女王様データベース



    ショートブログ『椿色』もよろしくお願いします♪
    椿女王 椿色




    出勤シフトはFetishi-SMのHPよりご確認下さい
    URL PC:http://fetishi-sm.com/profile.php?id=53
    URL 携帯:http://fetishi-sm.com/m/prof.php?id=53






    専用衣装はコチラから
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html




    椿専用道具&共有道具
    http://fetishismtubaki.blog.fc2.com/blog-category-8.html



    Twitter:https://twitter.com/tsubaki5190625
    Facebook:https://www.facebook.com/tsubaki.tanizaki







    椿女王




    最新記事

    SM女王様データベース